top of page

Italy / Sicilia

Alessandro Viola     アレッサンドロ・ヴィオラ

· Note di Rosso 2021

品種 ネロ・ダーヴォラ40%、ネレッロ・マスカレーゼ40%、ペッリコ―ネ20%​

赤 750ml

 

ネロダーヴォラにシラーとネレッロマスカレーゼを少量ブレンド。

より繊細でエレガントな印象を感じさせます。

 

マセラシオンは10日間と短めで無理な抽出をせずに柔らかく行います。5000ℓのオークの樽で6ヶ月間の熟成を行いノンフィルター無清澄でボトリングされます。

 

 香りが今までで一番華やかな印象でした。

カシスとフレッシュなクランベリー。トーンが高く晴れやか。アレッサンドロの充実感がワインに影響を与えて良そうな雰囲気です。

例年は穏やかさ重視の美味しさでしたが、今年は張りのある酸味のおかげで味わいの構成にメリハリが生まれました。でもタンニンは穏やかで果実は口に優しく広がります。

 

早い段階で飲めるような意識を持って醸造されている赤ワインですが、これほどに絶妙な質感に仕上げられるアレッサンドロのセンスはやはりすごい…これからアルカモの赤ワインの評価も押し上げていくでしょう。

 これくらいの質感でしっかりと美味しいというのが意外に難しいシチリア。エトナほど涼しくエレガントなワインではありませんが、断然飲み手に近いのがこのノーテ・ディ・ロッソです。

(インポーター資料より)

Alessandro Viola / Note di Rosso 2021

¥4,400価格
消費税込み
在庫残り1点
  • アレッサンドロは元々トラーパニ県アルカモのブドウ農家で生まれ育ちました。家族の作るブドウは大きな組合に売り葡萄を提供するだけで元詰めをしていませんでしたが、彼は3歳の頃から畑での仕事を手伝っており、幼い頃から自身のワインを作る夢を持っていました。

    ワイン醸造学を学ぶ為、醸造学校へも通いました。ですが、醸造学校では現在彼が行っている自然なワインを作る方法は教えられませんでした。

    学校での教えとは反面的に、ブドウの中には優れたワインを作る為に必要なものが全て備わっている事に気付きます。

    逆に介入をできる限り排除した造りを追い求めていきたい、という欲求を強くするのです。

    卒業後はピエモンテの大手ワイナリー、ジョージアの”Badagoni”、エトナの”Patria”で現場経験を積んでいきます。

    ジョージアでは長期マセラシオンした白ワインと初めて出会いました。その手法は現在の彼の白ワインにも採用されています。

    ですが、彼の働いていた造り手のワインには多量のSo2が添加されていた為、飲み続けるうちに身体が受け付けなくなっていったそうです。その出来事が彼のSo2を制限したワイン造りの考えをより強くさせます。
    エトナのワイナリーでは品質の研究職員として勤めていましたが、大規模の生産者だった為結局は自身の考えるようなワイン造りは実現できず、そのワイナリーも離れる事になりました。

    程なくしてアルカモへ帰郷しサーフィンを通じて友人となった”ガエターノ”とUva tantumを立ち上げる事になります。Uva tantumでは自身の考えであった化学薬品を排除した無農薬での畑仕事、添加物を完全排除したワイン醸造を具現化する第一歩を踏む事ができ、シチリアの自然派ワインの新たな可能性を打ち出しました。​

    Uva tantum で初めてシチリアの大地でワイン造りを開始したアレッサンドロ・ヴィオラはさらに自身のワイン造りを追求する為に、新たに自身の畑と名前を使ってワイナリーを立ち上げます。

    アレッサンドロの畑はUva tantumの畑とは少し離れたアルカモにあり、標高200mの丘にある”ピエトロ・リノーサ”と標高400mの”ファストゥケラ”にそれぞれ畑を持ちます。どちらの畑も付近で他の農業が行われていない為、農薬に害されていない昔から自然栽培で守られてきた畑です。ピエトロ・リノーサは親から受け継いだ畑でグリッロとネレッロマスカレーゼを、ファストゥケラは友人から譲り受けた畑でネロダーヴォラとカタラットが植えられています。

    彼の造るワインは全体的にシチリアの濃いワインというイメージとは真逆のスタイルです。

    ある程度の標高の高さによる寒暖の差も要因ではありますが、彼の目指す繊細でしなやかな味わいを生み出せる状態のブドウを収穫する出来る事が一番大切な事だと彼は言い切ります。

    収穫の1週間程からはブドウのチェックを毎日行い、そのブドウは10kgは食べると言います。

    自身で味わいをチェックし、醸造後のワインと合致した時が彼の中での”ブドウの完熟”だと語りました。

    彼のワインのエチケットのデザインはUva tantum時代からパートナーのルチアが描いています。

    彼女は様々な部分でアレッサンドロを全力でサポートをしています。

    その安心感からアレッサンドロは良いワインを生み出せているのだと思います。

    彼ら同士の愛情、そして故郷、畑、ブドウに対する愛情がワインに込められています。

    アレッサンドロの現在のラインナップは、彼らの愛犬”フフ”が描かれているネロダーヴォラ主体の”ノート・ディ・ロッソ”、グリッロをマセラシオンしてそのポテンシャルを存分に引き出すことに成功した素晴らしい白ワイン”シンフォニア・ディ・グリッロ”。

    カタラット100%をメトドクラシコで造る野性的で力強いスプマンテ”パス・ドゼ”、最後にネレッロマスカレーゼ100%で造られ、ブドウのエキスと旨味を最大限に引き出した上級の赤ワイン”シンフォニア・ディ・ロッソ”の計5種類があります。

    どれも彼の考えがはっきりと伝わる素晴らしいワイン達です。

    訪問をして彼と語り合う中で一番印象的だったのは、彼自身には明確に造りたいワインのビジョンがあり、それに対して自分が現在出来る事、今後成すべき事をしっかりと把握しているという事。ここまで具体的に言い切り、ワインにその考えを直結させている生産者は中々いません。今までは自身の置かれる環境下での制限が多少はあったかもしれません。

    完全な独立を実現し、自由に、妥協のなくなったアレッサンドロのワインには改めて大きな期待を感じます。

    今後も新たなシチリアの自然なワインの魅力をきっと発見させてくれるでしょう。

    (インポーター資料より)

bottom of page