Italy / Piemonte

Cascina Tavijn カッシーナ・タヴィン

·"68"  2019 セッサンタオット

品種 バルベーラ50% ルケ50%(自社畑)

750ml 赤

 

プラスチック桶で30日のマセラシオン、ステンレス熟成、ノンフィルター SO2は20mg/L添加

 

最初はバルベーラっぽい香りが主体、だんだん甘やかに、ルケっぽい香りが開いてきます。甘草や、土っぽいニュアンスを含みつつ、ブルーベリー様のわかりやすい果実味が主体で、時間が経つとどうなるか、実はこの二人はなじむというより、二人を相手に会話している様な感じが続くのかもしれません、にぎやかなワインですね!是非経年変化を見て見てください。※叔父さんのシストさんと父のオッターヴィオさんに捧げたワイン。叔父の名前Sisto→Sesto(6番目という意味)、父の名前Ottavio→Ottavo(8番目という意味)という言葉遊びから。(インポーター資料より)

Cascina Tavijn / "68" 2019

¥3,520価格
消費税込み
  • アスティの北、スクルツォレンゴは人口600人程の小さな村。古くよりピエモンテ名産のノッチョーラ(ヘーゼルナッツ)や野菜、ブドウ 栽培が盛んな農村である。オッターヴィオ・ヴェッルーアは、祖父より続く家と僅かな畑を受け継ぎ、ブドウとノッチョーラの畑を軸に本格的 に農業の道を進み始める。そして独学ながら、周りの仲間と共に少しずつ自分たちの飲む為のワイン醸造も開始。1990年代に入り、 それまでのダミジャーナでの販売を減らし、徐々にボトル詰めを始め、カッシーナ・タヴィンとしてのスタートとなった。現在は娘ナディアを中 心に、6haある畑より年間約20.000本のワインを生産。土着品種であるルケを中心に、グリニョリーノとバルベーラを栽培。畑の標高 は320m、石灰質の強い土壌の為、素晴らしいミネラルが詰まったブドウが出来る。畑では農薬や化学肥料は一切使用せず、銅の使用も必要最低 限に留めている。醸造は自然酵母での発酵、しっかりとマセレーションを行い、最低6~10ヶ月、それぞれの必要期間の熟成を行う。数年前より酸化 防止剤無添加での醸造も行っており、2012年ヴィンテージで初めて完全無添加のルケを完成させた。地元で愛された、愛すべき品種を守り、スクルツ ォレンゴの歴史を繋ぐ素晴らしい農家である。