France / Sud Ouest

Chateau Lestignac レスティニャック

·En Blanc 2018 アン ブラン

品種 ソーヴィニヨン・ブラン90%, セミヨン10%

750ml 白

 

【シャトーもの】'18はとても暑く酷暑の年で雨も少なく収量僅か12-15hl/haだった。ぶどうは水分を失ったがとても恐縮したので、エネルギーの詰まった薫り高いワインが出来た!

白色と青色の粘土土壌、粘土質石灰土壌に植わる樹齢45年(SB), 50年(セミヨン)。10日間低温で醸し後、2年間木樽で発酵・熟成。清澄・フィルターには掛けず、亜硫酸も添加せず瓶詰め。

僅かに琥珀掛かったイエローの色調、マルメロや熟した洋梨、黄桃の果実風味、黄花の香り。自然な口当たりで黄桃的果実味が広がり、酸とバランスが取れている。余韻も永く、僅かに苦みを感じ、高いポテンシャルを感じる味わい。’17はセミヨン主体で重厚で旨味に富んだ味わいであるのに対し、'18はソーヴィニヨン主体で軽やかで繊細、対照的な味わい。(インポーター資料より)

Chateau Lestignac / En Blanc 2018

¥5,390価格
消費税込み
  • 生産者 カミーユ & マチアス・マルゲ

    ベルジュラックの南部に、熱い情熱を持った自然派生産者が登場した。 若いカップル、カミーユ&マチアス・マルゲにより2008年設立されたシャトーだ。
    13haのぶどう畑は、自然に囲まれた天国のような環境で、雑木林や生け垣、野鳥など様々な生き物や微生物が生息する池などの中で複合農業が営まれ ている。植物相は全くの野生的なもので、毎年その年に相応しいぶどう栽培の方法を自然から教えられている。
    ワインについての学業を終えワイン造りの 経験も積んだ彼らは、周りから”ネオ・ヴィニュロン”と呼ばれる存在だ。
    云ってみれば、新世代の栽培家、といったところだろうか。従来の生産者のように 決められたやり方で単にぶどうを栽培しワインを醸造するのではない。
    彼らは、「生きているワイン」と「健全な食べ物」が好きで、そのようなワインを造りだ す為に、彼らに与えられたテロワールをよく知り、適した栽培を臨機応変に行っている。そうして出来上がったワインは、まさに生き生きとしていて実に美味しい。
    ネオ・ヴィニュロンの、テロワールを感じさせる美味しいワインを、是非とも味わっていただきたい!SO2は基本的に全く使用しないが、必要とあれば僅かのみ添加することは厭わない。

    【新情報】

    2018年レスティニャックではネゴシアン「オー・レ・ミュール」Hors les Murs(HLM)を設立しました! 同時にレスティニャック名ワインはより高品質なワイン造りを追求する為に畑を7haに減らし、やる気のある若手栽培家に譲った畑の栽培は任すという新体制を取りました。HLMはレスティニャックの指導の下若手が栽培したぶどうと、レスティニャックが太鼓判を押した買いぶどうから醸造しております。勿論すべて有機栽培で醸造は全てマチアス&カミーユが行っております。更なる進化に乞うご期待!(インポーター資料より)