France / Beaujolais

Christian Ducroux クリスチャン デュクリュー

·Prologue 2020 プロローグ

品種 ガメイ

750ml 赤

 

あまり表舞台には出ず、常に馬と共に畑に立ち
素朴ながらピュアにテロワールを表現する

 

本物のヴァンナチュール。

その真髄を体現する造り手。

個人的に大好きな生産者。

1985年からビオディナミを実行しながらガメイを栽培,微生物の働き、繊細な土壌を守るため、重たいトラクターではなく、雌馬を使って土を耕す。

プロローグはヌーヴォー的なキュヴェ

ヌーヴォーと言ってもエネルギーに満ちた
よく熟した果実のニュアンス。

これからの熟成も
楽しみになりそうな程。


エネルギーを感じるピュアなワインです。

Christian Ducroux / Prologue 2020

¥3,740価格
消費税込み
  • クリスチャン・デュクリュー氏は1970年からレニエでワイン作りを始めました。1980年代からビオディナミに注力していきますが、 ボージョレ地区だけでなく、フランス全土をみても、この農法を取り入れた最初の生産者の一人です。1985年にナチュール・プ ログレの認証を得て、その後にDemeterを得ました。4.3ヘクタールの畑は、微生物の働き、繊細な土壌を守るため、重たいトラ クターではなく、HévanとKaïna(クリスチャンの双子の雌馬)を使って土を耕し、1ha当たり1万株という密度で植えられたブドウ樹 は短く剪定され、収穫量をコントロールしています。また堆肥は必要な時以外は与えず、テロワールの力を最大限に引き出すこ とに努めています。

     

    彼が所有する4.3ヘクタールのブドウ畑は、ボージョレーの歴史的な都市であるボージュから5キロ離れたランティニエ・ドゥレット の村落にあります。花崗岩質の古代地層の上に広がり、南東に傾斜、微気候、日照時間など葡萄栽培にとても適しています。 20年以上に渡ってビオディナミのルールに乗っ取って耕作されています。ブドウの木々は、マッサルセレクションによって選ば れたものです。化学製品は一切使われておらず、薬草やミネラルを原料とした肥料などを使用。また、土地や星などのリズムを 重視しています。動植物の多様性も尊重することで、畑はとても活力に溢れ、健康的に維持されています。

    土壌へのトラクターの利用は土地の圧縮を避けることから最小限に抑えられ、主に彼の所有する双子の雌馬を使って耕作を行 います。ブドウの木々は7畝中の2畝を引き抜き、そこに下草と花を植えています。これにより、益虫を引き寄せることを試みてい ます。また、周囲に木を植え、鳥を呼び寄せることも行っています。

    収量は、この地域では非常に低く、たいてい35hl/haあたりです。そのため、ワインはちょうど良い凝縮感にあふれています。収 穫は手摘み。醸造は、人為的介入を極力排除しています。木製の桶を使って、自然酵母によるセミマセレーションカーボニック 発酵を行います。だいたい、発酵は3日から6日間続きます。そして、熟成は大樽で行います。濾過、清澄は行いません。また、 二酸化硫黄の添加も必要がなければ行いません。味わいはピュアで果実味に溢れています。アルコール度数の高いワインで もなく、とてもバランスの取れたワインを毎年生産しています。(インポーター資料より)