top of page

France / Loire

Clement Poirel クレモン・ポワレル

· Hora Noctis 2022

品種 グロロー60%、カベルネ・フラン40%

赤 750ml

 

シェネの畑を受け継いだクレモン・ポワレル

ラテン語のキュヴェ名「夜の時間」

 

カベルネ・フランをダイレクトプレスした果汁に、全房のグロローを加えて12日間のマセラシオン。グラスファイバータンクで発酵と熟成。2023年7月瓶詰。

 

やや淡い赤色。

グレナデンやフランボワーズ、熟したザクロなど赤い果実の甘やかな香りに、白胡椒やカルダモンを想わせる清涼感のあるスパイスの香りが加わります。

 

Sub Divoに比べてアタックは甘やかで可憐な果実の風味が馴染みやすさを想わせ、赤い果実の果汁のような瑞々しさやジューシーな印象で、ピュアな果実味が口中へと大きく膨らみます。

次第にスパイスやドライフラワーなどの風味が重なり落ち着きのある様子が伺え、旨みが溢れるように現れ、葡萄の果皮をかじった時のようなフルーティーなタンニンが僅かに残ります。可愛らしい赤い果実のニュアンスから後半にかけてしっとりとしたトーンの低い印象へと雰囲気が変化する仕上がりです。

 

 

(インポーター資料より)

Clement Poirel / Hora Noctis 2022

¥5,280価格
消費税込み
在庫残り2点
  • クレモン・ポワレルは2018年ヴィンテージを最後に引退したジャン・フランソワ・シェネの醸造所と畑の一部を受け継ぎ、この2020年が初ヴィンテージとなります。アンジュで先駆けて自然派ワインを造り始めた生産者グループのひとり、父親であるFrancis Poirel率いるChateau de Surondeで、彼は2002年~2004年の3年間働きワイン造りを学
    び、その後は収穫や剪定などをニコラ・ジョリーなどの優れた生産者で行いました。


    普段のクレモンは優しく落ち着いており、常に暖かい笑顔で接してくれます。大切な畑と醸造所を譲ったシェネは、
    「クレモンはとても誠実で畑仕事を心から愛しており、全ての仕事をもの凄く丁寧にやることを、ずっと前から分かっていたからだよ。」と私たちに話してくれました。

    このことはクレモンが私たちに述べた「真に素晴らしいワインを造
    るならば、畑の面積と作業する人数の理想的なバランスは1人につき1haだと思う。しかし生活もかかっているため、ブドウの質を充実させつつ生計を立てることが辛うじて可能な2haを僕は選択した。」と彼自身の考えを教えてくれた事と繋がっているように感じます。


    2005年以降JFシェネの手により無農薬に転換されたシスト土壌の畑2haでクレモン・ポワレルは、シュナン・ブラン、グロロー、カベルネフランを栽培しています。
    シュナン・ブランは主に230Lの樽(樽も一部シェネの物を引き継ぐ)で最低18ヶ月の熟成を基本とし、赤は主にグラス
    ファイバータンクで醸造されて収穫の翌年にリリースとなります。

    (インポーター資料より)

bottom of page