Italy / Veneto

Col Tamarie

·Frizzante 2019

品種 グレラ主体、ヴェルディーゾ、ボスケーラ、ペレイラ、ビアンケッタ

750ml 白 微発泡

 

彼らはこのグレラで作る微発泡ワインしか作っていないので、イタリアの試飲会に出る時ももちろんこの一種類のみで臨みます。少ない種類にも関わらず彼らのワインの魅力の強さは、飲む人々の心の中にグングンと入りこんでいき、一度飲んだら忘れられない素晴らしい酸と、心地よい柔らかさがたくさんの方々に衝撃を与えています。レモンスカッシュのような爽やかさのある癒しの一本であり、ここぞの一本でもあるフリッツァンテです。(インポーター資料より)

 

 

Col Tamarie / Frizzante 2019

¥3,300価格
消費税込み
  • ヴァルドビアッデーネ近郊の町、ヴィットーリオ・ヴェネトの西側。自然の森に囲まれひっそりと暮らすアルベルトとマルタ夫婦。2000年よりブドウ造りを開始し、2003年初収穫。出来たブドウはそのまま知人のワイナリーへ販売していた。2007年より実験的に醸造を開始するが、すぐにリリースはせず、納得のいくワインができるまで6年もの年月をかけ完成させた。少量の初リリースとなった2013年ヴィンテージ、そして2ヴィンテージ目となった2014年は15.000本を生産。順調にカンティーナとしての歩みを始めている。畑では農薬や化学肥料は使用せず、9haある土地のうち、半分の4.5haをブドウ畑、残り半分は森のまま、自然環境を保つ事を最重要にしている。栽培する品種は、主要品種であるグレラとその他の補助品種。ブドウ品種によって区画を分けず、乱雑に品種を混ぜて栽培する事で、より自然な状態でブドウが育つという考え。丁寧に手作業で育てられたブドウは収穫も一房一房丁寧に行われ、ブドウが傷つかないよう、慎重にカセットに並べられ醸造へ。自然酵母にて発酵。全ての段階でフィルターや清澄作業は行わず、酸化防止剤すらも一切使用しない。一次醗酵が終了し、冷却保存しておいた果汁を添加。瓶内で発酵を再び行うメトードアンセストラーレ。グレラによる微発泡ワインのみで勝負するタマリエ。彼らの土地の自然をそのまま感じれる、素晴らしい味わい。(インポーター資料より)