top of page

Italy / Friuli Venezia Giulia

Damijan Podversic

·Malvasia 2018

品種 マルヴァジーア イストゥリアーナ

750ml 白(スキンコンタクト)

 

果皮も厚く、強いアロマを持ったマルヴァジーア イストゥリアーナ。アロマティックで糖度が上がりやすいブドウですが、2017以降のマルヴァジーアは今までの印象とは大きく変わりつつあります。

もちろんブドウの完熟という意味ではこれまでと変わらないのですが、単純に収穫量を落として凝縮すると、 どうしても糖度ばかり上がりアンバランスになりがちなため、過剰な凝縮よりも「いかに長い期間、健全な状態を保ち樹上で熟成するか」、を重視している といいます。

糖度だけ上がるのではなく、果皮、種子はもちろん果梗の熟成によって酸、タンニンも合わせた全体が凝縮することで、ヴォリュームや果実 味だけでなく、貴腐による複雑さ、奥行き、そして酸もしっかり残りバランスを感じる味わいとなっております。

昔に感じた強さやアンバランスさは一体どこへやら、、、。ヴォリュームだけではない繊細さや奥行き、現時点でここまでバランス感を持っているのは、2014 以来かもしれません!

 

樹齢 40~60 年。収穫を可能な限り遅らせることで、最大 限に成熟した果実。果皮には多くの貴腐の恩恵を受けたブドウと腐敗果を徹底して選果を行 う。除梗して果皮・種子と共に 3 カ月、圧搾後、大樽にて 36 か月、瓶内にて 18 か月の熟 成。

貴腐化したブドウが 40%という 2018 ヴィンテージ。ヴォリュームやアロマが先行すること なく、柔らかさや余韻の長さ、華やかな魅力溢れるマルヴァジーア。

(インポーター資料より)

Damijan Podversic / Malvasia 2018

¥7,700価格
消費税込み
在庫残り2点
  • 樹上での成熟を追求し、貴腐化するほど成熟したブドウを収穫、大樽での長期間に及ぶマセレーション(果皮浸漬)という手法によって、ブドウのすべてを表現したダミアンのワイン。オスラヴィエのJosko Gravnerヨスコ グラヴネルとの出 会いから多くを学んだダミアン、「技術的なことだけでなく、より内面的な部分の方が自分にとって大きかった」と話す。モンテ カルヴァーリオにある高樹齢の畑を手に入れ、1998年より醸造を開始。畑では年により必要最小限の銅と 硫黄物を使うのみで、一切の肥料、薬品類を使用しない。春から夏にかけての徹底した除葉と摘房、果実の収量制限、そして収穫は樹上に極限まで残し熟成を促す。結果、収穫は10月中旬以降、雨が少なく条件が整った場合は 11月に至ることも少なくない。コッリオ周辺特有の湿度の高さは、一定の条件を満たすことで、ボトリティス ノービレ(貴腐)の恩恵を受けることができる。そうしてボトリティスをまとった白ブドウを収穫。畑での徹底的な追及と作業の過酷さは、どんな造り手にも引けを取らないだろう。 貴腐化した果実を含むため、非常に厳しい選果を行ってから除梗。縦型の開放式大樽の中にて果皮と共に醗酵。大樽にて36か月、瓶詰め後12か月の熟成。モンテカルヴァリオの持つ強烈なミネラル感、完熟し た豊かな果実、そして全く失われることのない骨太な酸、ここにボトリティスの恩恵を受けた彼のワインは、豊かさと旨みはもちろんの事、他のいかなるワインとも異なる個性を持つ。

    (インポーター資料より)

bottom of page