France / Savoie

Domaine Belluard ドメーヌ べリュアール

·Les Alpes 2019 レ ザルプ

品種 グランジェ

750ml 白

 

<味わい>
●輝きある淡いイエロー
●エニシダなど黄色い花、黄桃など黄色果実の香り
●自然な口当たり、黄色果実✖酸×ミネラル感のとてもよいバランス、柑橘の皮のほんのりした苦みが心地よい

 

●‘19は高品質で熟度と酸度のバランスが取れた年。アルコールやや低めでエレガント&ミネラリー
●樹齢45年、氷河期の黄色泥炭土、標高450m南向き
●収量40hl/ha、即圧搾後卵型セメントタンクにて野性酵母の働きで発酵、熟成12ヶ月
●卵型タンク内ではバトナージュしなくても自然と渦状の対流が生じ(ブラウン運動)、ワインにまろやかさを与える
●SO2瓶締め時に1g/HL添加、清澄&フィルターなし。ガラス栓の為酸化やコルク臭が防げる
(インポーター資料より)
 

Domaine Belluard / Les Alpes 2019

¥6,930価格
消費税込み
  • ドメーヌ・ベリュアールは、モンブランの麓、標高450mというアルプスの高地に位置する特異なドメーヌだ。 この地エーズAyseは22あるサヴォアのクリュの1つでサヴォアの僅か2%に過ぎない。 
    しかしこのクリュの特徴は固有品種グランジェGringetだ!しかもグランジェは、ローマ人がぶどうを持ち込む前からここでされていた固有種とみなされている。グランジェは世界でもサヴォアでしか栽培されておらず、栽培面積は僅か22ha。
    10haからなるベリュアールは、最も重要な栽培グランジェの栽培家と云えよう。
    1947年父が果樹園を切り開きぶどうに植え替えたことにより設立されたこのドメーヌは、現在ドミニクにより取り仕切られている。1988年ドメーヌを受継いだドニミクは、従来の化学物質を使用した農業ではぶどうの樹の成長がうまくいかないことに気付き、ビオディナミに転換。そして、澄み切ったまさにアルプスそのものの味わいのワインを世に送り出している