top of page

France / Jura

Domaine de la Borde ドメーヌ ド ラ ボルド

· Foudre a Canon 2020

品種 サヴァニャン

750ml 白

 

樹齢 40 年。ジュラ紀・前期リアスの泥灰岩土壌。 グラップ・アンティエールのぶどうを圧搾、デブル バージュ 24 時間。1/3 ずつ、600Lの木樽、アン フォラ、卵型タンクで 24 ヶ月熟成。

SO2 無添加。

 

透き通ったミネラル感は直線的ながらも時間 が経つにつれ、じわじわと開いていく果実...

ヴァン・ジョーヌにも使われる品種、サヴァ ニャンで驚愕する繊細なフレッシュさを表現!

20 年 VT は熟成にアンフォラと樽を半々で 使用。

(インポーター資料より)

Domaine de la Borde / Foudre a Canon 2020

¥10,120価格
消費税込み
在庫残り2点
  • 【「ジュラに物凄いワインを見つけた!」とパリから一本の電話】
    なんと、その造り手は23歳の若さで1人で蔵を立ち上げワイン造りを始めたとの事。
    蔵を訪問すると自然派大御所がたくさん居るこのジュラの地で、
    現在34歳のジュリアン・マレシャルが物凄いワインを造っていた。
    これからを期待される、まさにジュラの新星だった。

    【ドメーヌ・ド・ラ・ボルドとは】
    ピュピランから40Km離れたジュラ出身。2003年に蔵元を立ち上げる。
    元々父親が穀物、野菜などを生産していたことから、地に根の張った作物の生産、中でもぶどう栽培、ワイン造りに興味を持った。ディジョンのワイン学校に通いワイン造りを学ぶ。
    通いながら、ジュラのアルボワで畑を探して探して、探しまくっていたある日、、、
    あのボルナールの近くで、思わず息を飲む凄いエネルギーの区画に出会ってしまった。

    土地のオーナーはちょっと変わり者。なぜか、自分の周りの人間には畑を売りたくない。
    何という幸運!ボルドが家付きで3.5haの畑を23歳の若さで手に入れることが出来た。
    1981年生まれの注目の若手!
    2004年の23歳からワイン造りを開始。最初は土壌や品種の特徴がわからなく苦労の連続。
    ピエール・オヴェルノワの貴重な教えを一身に受け、2005年初めてプールサールでサンスフルのワイン造りに成功した。

    カーヴは大御所ピエール・オヴェルノワから歩いて3分。
    世にジュラのワインを広めたステファン・ティソなどの超大物たちの英知は、ボルドに怒涛のごとく流れ込んだ。
    出来たワインは必ず師と仰ぐピエール・オヴェルノワに飲んでもらう。
    オヴェルノワを実質引き継いだエマニエル・ウィヨンがアイラ島に行けば同行する。
    まさに、ジュラ第3世代筆頭の巨大なパワーを秘める男。
    初リリースは2004年。
    現在5.5haの畑でサヴァニャン、シャルドネ、プールサール、ピノ・ノワール、トゥルソーを栽培。

    ~エチケットの意味~
    赤ワインのエチケットはカーブから畑に行く道をイメージし、白はブドウの根のイメージとなっている。
    ワインの味わいから来るように繊細なワイン造りを目指しており、
    エチケットもシンプル、そして繊細なイメージのエチケットにした。

    (インポーター資料より)

bottom of page