Italy / Toscana

I Cangianti  イ カンジャンティ

·Confine 2019 コンフィーネ

品種 サン・コロンバーノ 100%

750ml 白(軽いスキンコンタクト)

 

Confine コンフィーネとは『境界』を意味します。ストッピーニ兄弟は、ウンブリア人であり、ほぼ 毎日トスカーナとウンブリアの境界を越えて畑に仕事に行っています。またこのワインの色合いは 境界で見られる早朝の日の出の色を思い出させてくれるため、このように命名されました。エチ ケットは、マッテオとルカの母であるシルヴィアを描いたデザインです。

 

味わい:ミディアムのアンバー/オレンジの色合い。リンゴやハチミツや花梨、アカシアなどの香り。 微かにハーブのニュアンス。ソフトでまろやかで瑞々しいアタック。口中には夏ミカンやオレンジ、グ レープフル-ツなどの果実味に微かに皮やジンジャーのニュアンスが感じられる。フィニッシュには 柑橘果物の旨味がゆっくりと広がる。

 

醸造:手摘みで収穫したブドウを数日間スキンコンタクト。その後、圧搾してステンレスタンクで 野生酵母のみで発酵。SO2 やその他の醸造添加物は一切加えずに醸造。引き続き、タンク で自発的なマロ発酵と熟成。熟成後、無清澄、ノンフィルター、SO2 も無添加で瓶詰め。

 

2019 ヴィンテージの総生産量は 4,000 本。アルコール度数は 10.5 度。2021 年 1 月時 点の SO2 トータルは 8mg/l

* SO2 無添加であるため、若干不安定です。抜栓 1~2 日目が最も美味しく味わえます。抜栓 3 日以降は 豆のニュアンスが出てきます。(インポーター資料より)

I Cangianti / Confine 2019

¥3,740価格
消費税込み
  • I Cangianti イ・カンジャンティは、ウンブリアとトスカーナの境界に誕生したユニークなワイナリ ーです。ワイナリーを運営する Matteo & Luca Stoppinin マッテオとルカのストッピーニ兄弟 は、まだ 22 歳と 20 歳。学校でブドウ栽培やワインについて学んだことはなく、別の分野の勉強 をしていました。しかし学業を修めた後、オフィスで働くよりも自然の中で自然と触れ合って働き たいと思い、家族と共に 2019 年にワイナリー設立し、全くゼロからスタートしました。

    二人は、イタリアで数多く行われるワインのイベントに参加してワインを味わってみたものの、気 分が悪くなることが多く、それで、誰もが味わえるナチュラルワイン造ろうと思い立ったのだそうです。 もともと二人は自然が大好きでした。子供の頃に彼らの祖父母が伝統的なアーティザナル(職 人的)な方法で自然なワインを造っていて、そこで多くのことを教えてもらったそうです。祖父母 はペルージャ出身で、ウンブリアのブドウ畑で農薬を使わずに栽培したブドウをセメントタンクで醸 造していました。アルコールは高くなく、飲みやすく、亜硫酸無添加で濾過もしていない、現在で 言うヴァン・ド・ソワフでした。二人は、この祖父母が造っていた古き良き自然なワインを現代に 蘇らせたいと思い、祖父母から受け継いだ伝統と教えを現代にアジャストさせてナチュラルワイン 造りを始めたのです。ブドウ畑はウンブリアとの境界に近いヴィノ・ノービレ・ディ・モンテプルチアー ノにあります。栽培面積は 4ha で、全て借りている畑でプリニョーロ・ジェンティーレ(サンジョヴェ ーゼ・グロッソ)を栽培しています。認証を受けていませんが栽培はビオロジックです。春先に畑 の表土を耕耘し、ブドウの成長期には畝の間にカバークロップを自然に生やしています。

    ヴィノ・ノービレの中心にある畑ですが、二人は DOCG ワインには全く興味がなく、全てテーブ ルワインのカテゴリーにしてナチュラルワインを造っています。このため、赤ブドウと白ブドウを混醸し たキュヴェや、プリニョーロ・ジェンティーレのフリッツアンテなど、一昔前であれば考えられないとても 自由なワイン造りをしています。栽培しているプリニョーロ・ジェンティーレとは別に、ウンブリアの地 場品種であるガメィ・デル・トラジメーノ(グルナッシュ)をウンブリアのトラジメーノ湖の近くにある 叔父のビオロジックのブドウ畑から購入。また、白ブドウのサン・コロンバーノとマルヴァシア・トスカ ーナは、シエナで、ビオで栽培をしている友人から、プリニョーロ・ジェンティーレのブドウと交換で 譲ってもらっています。イ・カンジャンティの醸造所は自宅のあるウンブリアのペルージャにあります。 自宅の地下の小さなカレージで醸造を行っています。このため、近所の人から「ガラジスト」と呼 ばれています。醸造においては、亜硫酸や醸造添加物、化学製品を一切使用せずに、野生 酵母で自発的に発酵を行い、無清澄、ノンフィルター、亜硫酸無添加で瓶詰めしています。

    Cangianti カンジャンティとは、『虹色』や『変化』を意味します。ナチュラルワインは、醸造や 熟成過程、そして抜栓した後も、虹のように刻々と変化していきます。まるで小さな赤ちゃんの 世話をするように見守らなければならないことから『カンジャンティ』と命名されました。各キュヴェ のエチケットは、家族一人一人にインスピレーションを得て、Davide Fascia ダヴィデ・ファッシャ というストリートアーティストが描いたもので、それぞれ家族一人一人のポートレートのイラストに なっています。ワインは既にアメリカ、イギリス、デンマーク、オーストラリアに輸出されています。(インポーター資料より)