top of page

Italy / Abruzzo

Indigeno

· Extra Mineral 2022

品種 トラミネール

白(醸し)750ml

 

 

今回初入荷のエクストラ・ミネラル。アブルッツォでは珍しいトラミネル。過去20年間有機、栽培を行なっていた3列のトラミネー

ルを醸し、果皮とともに2週間のマセレーション、Alc.10%。SO2完全無添加、分析表上のSO2Total:N/D(不検出)。

 

ワイン名や ラベルの通り塩味を感じるミネラル感。アロマティックで白桃や柑橘の果実味、しっかりとした酸とスパイシーなニュアンスも。 

 

土着酵母による自然発酵。温度管理や、亜硫酸塩を含む添加物なし。

(インポーター資料より)

 

きゅっと冷やして1日飲みきり推奨です!

Indigeno / Extra Mineral 2022

¥4,730価格
消費税込み
在庫残り2点
  • 「土着、原生」のという意味をワイナリーの名前にしたカンティーナ・インディジェノ。テラモでワインバーをしているニコラを中心に、ビールを作っているアルフレードと酒類のディストリビューターのロレートと3人で、2016年に創業したワイナリーです。当初は醸造を担当しているニコラの自宅の1階にあるガレージでワイン造りをしていましたが、2019年にガレージが手狭になり、近くに倉庫を借りてそこを拠点としています。醸造は開放桶で常温のまま野生酵母のみで醸造を行なっています。温度管理も行わず亜硫酸塩も無添加です。

     

    インディジェノ社は、モントニコなどの土着品種や古い葡萄が残っている農家と契約をして、有機栽培でワイン醸造に適した葡萄の栽培を依頼しています。通常より好条件で契約することにより、葡萄農家も収量の少ない珍しい品種や樹齢の高い葡萄の栽培の継続が可能となり相乗効果をもたらしました。その結果小ロットで多様なワインを作っています。

    ワイナリーのある村は、TA-WAのワインのコンサルタントをしているルカの苗字と偶然にも同じ名前のVilla Brozzi。Brozziはトスカーナ地方にはある名前ですが、アブルッツォ州でBrozzi村はかなりの発見で、運命を感じすぐにワイナリーを訪問しました。

    最初に訪れたのは彼らのファーストヴィンテージ2016年の販売していた頃で、特別な設備もなく、年間生産本数は1万本ほどでした。1つのアンフォラと数個のグラスファイバー製のタンクくらいしかありませんでした。

    2年目にはガレージ一杯のタンクがところが狭しと置かれていました。

    友達のアブルッツォ州の自然派ワイナリーで知られるラミディアと協働したワインもリリースしています。

    (インポーター資料より)

bottom of page