Austria / Weinviertel

Johannes Zillinger

·Velue Gruner Veltliner 2019

品種 グリューナー・ヴェルトリーナー

750ml 白

ヨハネスより:リンゴ、ハーブ、リフレッシュさせてくれる軽快さ、全方位的な複雑さも備えている。僕のクラシックなワイン、超軽量級のグリューナー・ヴェルトリーナー。楽しく飲み進んでしまう危険なワインだよ。

硬さの残る洋ナシ、白桃に柑橘果実、わずかに白コショウ、タイムのような香草風味も混じる。口に含んだ瞬間のグリップのあるエキス感。

例年よりも仕上がりが早く素直に口いっぱいに広がる柑橘エキス。
果実の密度もしっかりとあるが、空気たっぷりのホイップクリームのような質感。
噛み応えのある果実、ヨハネスのワインに共通する余韻の広がりと立体感。
楽しく飲み進んでしまうという造り手の言葉に嘘はないです。

(インポーター資料より)
 

Johannes Zillinger / Velue Gruner Veltliner 2019 ヨハネス・ツィリンガー

¥2,750価格
消費税込み
  • ハンス・ツィリンガーは、オーストリアにおけるオーガニック栽培の先駆者の一人です。彼は当時すでに、古代の葡萄品種やクローンを探していました。
    オーガニック栽培の手法は養豚経験の結果から生まれました。
    ハンス 『私たちの豚は、非常に過保護に育てられていましたが、しばしば病気がちでした。抗生物質を用いた治療を試みたりしたのですが、治すことが出来ず、何度か豚達を屠殺せざるを得なくなりました。1980年代、子豚たちが瘢痕から来る病気に苦しんでいた時のこと、従来の治療法は効果がありませんでした。私の父は、その昔は酢を塗付して治療したことを私に教えてくれました。そして、解決したのです。これが私の転機となりました。私はドイツの有機栽培農園を訪れ、見聞を広めました。1984年に、有機農法に転換しました。養豚を含め、様々な農業のすべてに有機栽培を実行することは不可能だったので、事業は自然と絞り込まれ、1994年にはワイン醸造を開始しました』。
    彼をワイン造りに導いた決定的事項はSteinthal(シュタインタール)に植わる樹齢100年のSt.Laurent(ザンクト・ラウレント)でした。
    『年を問わず、この畑は常に健全で熟した葡萄を育んでくれます。この葡萄は房は少ないものの、とても上質な葡萄です。無農薬栽培に取り組んだ契機であり、知名度の低い品種であっても同様に手間をかけます。』
    今日では、30年に渡って有機で栽培された畑はヨハネスに引き継がれています。生命力を引き出された葡萄は、ヨハネスの哲学、セラーでの最低限の干渉によって、長い生命力と多彩な魅力を持ったワインへと昇華します。2013年からは葡萄の購入を止め、すべて自社栽培の葡萄によるワインとなりました。
    畑のコンポスト治療のために、畑には50種類ものハーブが植えられています。
    『除草と殺虫の効果を持つタイムだけでなくペパーグラスやシトラス・タイムが必要です。畑の緑化だけでなく植物の保護にも繋がります。』