France / Champagne

Jose Michel&Fils ジョゼ・ミシェル・エ・フィス

·Cuvee du Pere Houdart/Brut assemblage 71/75/76/82/84/12

キュヴェ・デュ・ペール・ウダール ブリュット・アッサンブラージュ

 

品種 ピノ・ムニエ40%、ピノ・ノワール40%、シャルドネ20%

750ml 白スパークリング

 

古いミレジムは全て瓶内2次醗酵後のボトルを、瓶口を下にした状態 で保管されている。栓はコルクや、カプセルなど様々。醸造時は、そ れらのボトルを全て一度、ステンレスタンクに空けて、その年のヴァ ン・クレールとブレンドする。数ヶ月落ち着かせてから、瓶詰めをし て改めて瓶内二次発酵をする。2~3年後にデゴルジュマンをして、ま た数年寝かせてからリリース。 琥珀色の艶と透明感のある色合い。飛びぬけて複雑な香りと、トース ト香。熟成感も持たせつつ見事なまでに滑らかで余韻は長く、若めの VTからのフレッシュな印象もある。(インポーター資料より)

 

 

 

 

 

Jose Michel&Fils/Cuvee du Pere Houdart/Brut assemblage 71/75/76/82/84/12

¥13,420価格
消費税込み
  • ミシェル家はムースィ村の4haの畑を1847年から所有しており、1912年に自社瓶詰めを開始した。1955年からジョゼ・ミシェル氏がメゾンの責任者となり、以来、伝統手法と古典原理を堅守して生むシャンパーニュは、素晴らしく長命で例えば、2009年に抜栓した1959年は、まだまだ活き活きとした生命感と美しい香り高さを保っていた。「ブリュット スペシャル・クラブ」は1920年代植樹の古木から。70年代80年代などの6つのヴィンテージをブレンドした野心的大作「ヴュー・ミレジメ」もリリースする。レコルタン・マニピュランの先駆でもあり、ピノ・ムニエの価値を世に知らしめたことも、忘れてはならない彼の功績だ。2019年惜しまれながらジョゼ氏は他界してしまったが、60年を越えるシャンパーニュ造りの知見を盤石の土台として踏まえる彼の諸作品は、まさに匠の技そのものであった。ジョゼ氏の最後のヴィンテッジとなった2019年は、彼の孫であるアントナンとともに行い、現在はアントナンがメゾンの運営とシャンパーニュの醸造を担う。同世代の造り手たちとも親交の広いアントナンは、まずはビオロジック栽培への転換を進めているそうだ。これからに期待したい。