top of page

Italy / Veneto

L’Arco ラルコ

·IGT Rosso del Veronese 2020 ロッソ・デル・ヴェロネーゼ

品種 コルヴィーナ55%、ロンディネッラ15%、モリナーラ10%、サンジョヴェーゼ/テロルデゴ計20%

750ml 赤 

 

植樹:1990年代~2000年代

位置:標高90~100m

土壌:粘土石灰質

 

ステンレスタンクで数日間マセレーション、そのまま8カ月間熟成。

大樽とセメントタンクで18カ月間熟成。

 

気軽な食中酒を、と考えルーカが所有する畑の中でも樹齢の若いブドウを、ほとんどマセレーションをかけずにプレスをするので、明るいルビー色をしている。

熟成には、セメントタンクと、一部大樽が用いられ、フレッシュな果実味を損なわないように気を使っている。サンジョヴェーゼやテロルデゴはほんの少量、遊び心程度に混醸されている。(インポーター資料より)

L’Arco/IGT Rosso del Veronese 2020

¥4,070価格
消費税込み
在庫残り1点
  • ヴェネトで、誰よりも“神話的生産者”との讃辞にふさわしい、クインタレッリ。ルーカ・フェドリーゴは、この巨匠に長年ブドウを販売していた栽培農家に生まれ、14歳からクインタレッリのもとで働き、巨匠の身近で栽培醸造を学んだ。その後独立し、畑を購入しワイナリーを建て、1998年に初VTをリリース売する。アマローネにおいては90日前後の長期のアパッシメントし、熟成もスラヴォニアオークの大樽熟成。栽培と醸造の両方において、徹底して伝統的。ただし栽培と醸造を学んだ、クインタレッリがそうであるように、カベルネ・フラン、カベルネ・ソーヴィニョン、メルローのフランス系品種にも可能性を見いだし、ルーカなりの醸造で、ルベオという同地としてはユニークな構成のワインを造り出している。近年、2014年を境にラルコが造るワインの質が著しく上昇し、当主ルーカに「ジュゼッペ・クインタレッリの再来」との過褒までも寄せられ始めている。

bottom of page