France / Rousillon

La Cave des Nomades

·Rawze 2019 

品種 カリニャン25%、グルナッシュ25%、メルロー25%、シラー25%

750ml ロゼ

 

ダイレクトプレス。タンクで発酵、熟成。
ややオレンジがかった淡い煉瓦色。さくらんぼや苺のコンポート、りんご飴、ナツメ、ローズピップなどの香りが感じられ、新鮮な赤い果皮の果実の風味とやや凝縮した果実の風味、そして飴のようなコクを感じさせる印象を受けます。口に含むと全体的に張った酸が感じられ水々しい口当たりですが、香りに感じられたような仄かな甘みとふっくらとしたやや肉付きのよい果実の風味が広がり、ロゼとしては味わいや風味は比較的しっかりとした辛口の仕上がりです。(インポーター資料より)

La Cave des Nomades / Rawze 2019

¥4,510価格
消費税込み
  • ポルトガル出身のホセ・カルバルホが、2014年にバニュリュスで立ち上げた蔵元。

    ホセはかつてギターとパーカッションのミュージシャンで、ヨーロッパ中を演奏旅行して一年を過ごしていた。また、2005年にポルトガルでシュタイナー農法を学び、若い時分からビオディナミで野菜を栽培していたこともあり、秋になるとワイナリーの収穫を手伝って生活の足しにしていた。前妻のパウリーナとは2010年にバニュルスで収穫した際に知り合い、その後は一緒に演奏の旅を続け、秋になると収穫のために思い出の地であるバニュルスに戻る生活を繰り返していた。そうしているうちに醸造に対しても次第に関心を抱くようになり、ボルドーで栽培から醸造まで実際に経験する機会を得た。

    その後、敬愛して止まないアラン・カステックスやブルーノ・デュシェンが住むバニュルスへ戻り、畑を紹介してもらい、新しくできた醸造所「9カーヴ」も使えるようになった。ここまでは順風満帆で、実にラッキーな始まりだったと言えるだろう。しかし、ワイナリーをスタートさせた後は大変だった。まず、最初に購入できた畑は3haほどで、内訳はグルナッシュ、ムールヴェードルとカリニャン1ha、

    グルナッシュ・グリとグルナッシュ・ブラン0.5ha、シラー0.2ha、ヴェルメンチーノ0.2ha、マカベオ1.3ha。畑はあちこちに点在しておりテラス状になっているものが多いため、農作業のほぼ全てが手作業になる。ビオディナミに基づいて栽培するが、ストイックな彼は病気対策に粉状の硫黄とビオディナミの調剤だけを用いており、散布を認められているボルドー液は使わない。結果として、痩せた土地で栽培される平均65歳のブドウから収穫されるブドウの収穫量はどんなに多くても10hl/ha未満となる。この栽培面積では生活できないことを悟ったホセは、2015年の夏にクラウドファウンディングで資金を集めることを決断、これが功を奏して更にカリニャン、ミュスカ、シャルドネやメルローが植えられている合計3haの畑を確保することができた。2016年は6338本の生産。依然として少ないことには変わりないが、明るく前向きで実直な彼なら困難を乗り切り、将来はバニュルスを代表する素晴らしい造り手になるだろうと私たちは思っている。(インポーター資料より)