France/Savoie

La Vigne du Perron(Francois Grinand)

·Les Ermitures 2016

品種 Gamay

750ml

 

Ermitureとは「孤立した土地」という意味の地元の言葉。除草剤を使う周囲の栽培家からの、草が生えすぎた畑、という自分の畑に対する批評に対し、あえてこの言葉を使った。

アルプスを東に控え、空気が澄んだ渓谷に広がるブドウ畑か ら生き生きとした味わいのワインが生まれる。チャーミング な味わいでありながら、エキスのつまった奥行きのある味わ いです。パリでは、ビュジェィのワインというより、フランソワのワインとして愛されている。

(インポーター資料より)

La Vigne du Perron(Francois Grinand) / Les Ermitures [2016]フランソワ・グリナン/レ・ゼルミテュール

¥6,160価格
消費税込み
  • パリでピアニストとして活躍しながら、1990年代からヴァン・ナチュールにとりつかれていたフランソワ・グリナンが、故郷の父の畑を受け継ぎ1998年にスタートしたドメーヌ。アルプスの山麓、ヴィルボワ村の石灰質の急斜面にある2.5haの畑は耕作に大変な労力がかかるが長年、農薬、除草剤、化学肥料とは無縁。ガメイは1934年、および1977年に植樹した古木の区画も所有。2010年には、村内に築300年を越える石造りの小屋にセラーを移転。その場所で、フィリップ・ジャンボンから譲り受けた大きなフードルの発酵槽を用いて醸造するワインは、以前のセラーのものよりさらに純度と奥深さを感じさせ、古い造石建築による“セラーが呼吸することの重要性”さえ感じさせる。卓越した透明感ある果実味が圧巻のピノ・ノワールのほか、スパイシーなモンドゥーズ、アルテス(=ルーセット・ド・サヴォワ)、ジャケールなど、サヴォワ地方の固有品種100%のワインも生産。その個性を見事に映し出す。( インポーター資料より)