France / Languedoc

Le Temps des Cerises 

·VdF Avanti Popolo 2017

品種 カリニャン

750ml 赤

 

キュヴェ名の由来は、イタリアで労働運動が盛んだった頃に歌われていた「バンディエラ ロッサ(赤い旗)」という歌の一節であり、歌自体の通称でもある「アアヴァンティ ポポロ」と名付けられたキュヴェ。


非常に淡いロゼのような濁りのある外観で、抜栓直後からチェリーの香りが畳み掛けるように立ち上がってきます。次第にクランベリーや苺の煮詰めた感じやオレンジピール、スパイスの複雑な香りも湧き出て、味わいは非常にソワフな仕上がり。溢れる果実味との相乗効果でついついグラスを重ねてしまうある意味危険なワインです。
ラ カピチュレイション ヌ パイエ パ!よりもドライに仕上がっており、低いアルコール度数(11.5度)と相まって一晩中でも飲めてしまいそう。

 

12kgほどの小さなプラスティック容器を用いて手作業で葡萄を収穫。自然酵母で発酵させ、還元状態にあるワインが酸化傾向へ向かって、実際に酸化する直前で瓶詰め。(インポーター資料より)

Le Temps des Cerises / VdF Avanti Popolo 2017

¥3,080価格
消費税込み
  • ドメーヌ名となっている「ル トン デ スリーズ(さくらんぼの実る頃)」は、1866年にジャン=バティスト クレマンによって作詞され、アントワーヌ ルナールの手によって作曲されたフランスの古い歌曲です。この曲は後に、パリ コミューンをめぐる歴史に強く関連付けられ、作詞家のジャン=バティスト クレマンが想いを寄せていた女性が、「血の一週間」の間に殺害され、彼女を失った悲しさと儚い恋の想いを綴ったものと言われています。

    そんな悲劇から生まれた歌曲から自らのドメーヌ名をとったのは東ドイツ出身のアクセル プリュファー。経済大学に2年ほど通っていましたが、自分の望む本来の生き方とは違うのではないかと疑問を抱き、バーなどで働きはじめます。その後、兵役に就くのを嫌ってキャンピングカーに乗り込み、安住の地を求めて放浪。そして行き着いたのがフランス ラングドック地方。この地で彼は、ヤン ロエル、ジャン=フランソワ ニック、エリック ピュフェリン(ラングロール)と出会い、彼らからワイン造りの手法とそれにかける情熱を学び、自らもワイン生産者となりました。
    ル トン ド スリーズのワインを産する畑は、南フランス ラングドック地方のベダリューという街からすこし山を登った森の中にあります。ル トン デ スリーズの畑の多くは標高の高い山間にあり、比較的涼しい気候と乾燥した風によってみずみずしさと清涼感のある味わいを備えたワインとなります。畑でのブドウ栽培においては、除草剤や殺虫剤、化学肥料を用いない自然な栽培を行い、醸造に関しては自然酵母による発酵にはじまり人為的な介入を避けたシンプルな方法で醸造を行っています。