top of page

France / Alsace

Léonard Dietrich

· Frankstein Maceration 2022

品種 リースリング

白(醸し) 750ml

 

 

花崗岩土壌の葡萄。

50%はダイレクトプレス、50%はジャーで6ヶ月間マセラシオン。ブレンドしてフードルで発酵と熟成。

 

オレンジがかった琥珀色。

ドライアプリコットや金柑、金木犀、黄色やオレンジのドライフラワー、ビターオレンジや陳皮などの香りが混ざり合い、ややオードヴィーのような充実した果実の香りやかぐわしい花々、ほろ苦さが溶け込み複雑性を感じます。

 

ほどよい甘みが舌先を包み込み馴染みやすいアタックで、少しオリエンタルな印象を受ける魅惑的な果実味は、口中へと膨らみゆく中で徐々にドライハーブや陳皮、ビターカラメルなどの風味が重なり、旨味や奥行きの感じられる複雑性の富んだ味わいです。

 

(インポーター資料より)

Leonard Dietrich / Frankstein Maceration 2022

¥12,650価格
消費税込み
在庫残り1点
  • レオナルド・ディートリッヒはダンバッハ・ラ・ヴィルというコルマールとストラスブールの中間に位置する街で2020年からワイン造りをしています。彼は1960年からこの街でワイン造りをしているDomaine de la Famille Dietrichの3世代目でありますが、彼は自身のスタイルを追求し築き上げたいため、2020〜2021年にかけて家族が所有する畑の一部を受け継ぎ独立。まだ20代半ば(2022年現在)の彼はアルザスの若手生産者の中でも特に若く、醸造に関しては初ヴィンテージから迷いなくサンスフルで行うなど、勢いと個性を感じるワインを造ります。とても優しく少し照れ屋なところがチャーミングですが、ワイン造りに関しては信念がとても強く、挑戦的ですが常に冷静な思考を持っている印象です。将来に大きな期待が湧く生産者です。

    *土壌及び醸造について

    ●土壌:花崗岩、粘土質

    家族から合計約2.5haの畑を受け継ぎ、畑ではビオディナミ農法を取り入れ、果樹や花を植えるなど極力自然に近い環境作りを心がける。普段から畑では土に極力負荷をかけない方法で作業しますが、2024年からは更に土壌の状態を良くしていくために馬を使用する予定です。

    ●セパージュ:オーセロワ、リースリング、シルヴァネール、ミュスカ、ピノ・ノワール。

    ●醸造:長時間のマニュアルプレスにより葡萄の果皮から抽出される渋みがタニックではなく柑橘系風味でキレが強調される傾向にあります。発酵及び熟成は極力サンスフルで行いますが、最終的な目的は美味しく飲めるワインを造るためなので、どうしても亜硫酸が必要な時には最低限に抑えて使用することも考えます。

    (インポーター資料より)

bottom of page