top of page

France / Alsace

Les Funambules レ・フュナンビュール

· Sand 2018

品種 ピノ・ブラン、グリ、ノワール

白 750ml

 

葡萄の90%を8時間かけてダイレクトプレス、10%は5日間のマセラシオンの後にブレンド。14ヶ月間フードルで発酵と熟成。


仄かにピンクがかった淡いオレンジ色。

 

チェリーコンポートやグレナデン、苺、白レーズン、ドライアプリコットなど様々な果実が混ざり合う香りに、生花のバラ、ドライフラワー、たばこ、鉄分などの香りが加わり、更に複雑性を感じさせます。

 

香りに感じられた果実の風味は、ピュアで可愛らしい印象を感じさせながら、全体に輪郭やメリハリを与えるような張りのある酸を伴い冷涼感のある飲み心地で広がります。果実の風味は緻密で重厚感や奥行きが感じられ、泡のないロゼのヴィンテージシャンパーニュを想わせるような、やや重心が低くブレのない骨格や上品でリッチな印象が伺える深みのある仕上がりです。この先の熟成で更に妖艶で繊細な様子が引き出されていくことに期待が湧きます。

 

(インポーター資料より)

Les Funambules / Sand 2018

¥5,170価格
消費税込み
在庫残り2点
  • レ・フュナンビュールはアルザスのアンマーシュヴィアという街で2018年にギヨーム、シリル、兄妹のジルとスージーの若手4人により設立されたドメーヌです。

    幼い頃から仲が良かった4人は、それぞれ家族が所有していた畑を引き継ぎ、合計11haの面積を皆で共有し自然派ワイン造りの道へ進むことを決意しました。

    畑は大部分が15〜20年前からビオ農法により栽培されていたため、自然派ワインを造る上では素晴らしい状態で初ヴィンテージを迎えました。2019年以降は加えてアグロフォレストリー(森林農業)にも注力しております。畑には既に400本以上もの果樹を植え、鳥の巣や止まり木などを設置、土は耕す事はなく、葉も同様に木の根元以外は一切切らずに必要に応じてロール作業のみ行うなど、畑を限りなく森の生態系に近づけるよう徹底して努力を続けています。

    一般的なドメーヌの形である栽培や醸造など特定の工程において担当者を設けておらず、彼らのワインは4人全員が剪定から瓶詰めまでの全プロセスに携わり造られます。自然派ワインのドメーヌとしては比較的珍しいチーム構成でとても興味深いですが、その反面、冒険的な試みをし辛い状況である事も否めません。

    全てを考慮した上で力を合わせ、少しずつ前進し、畑は時と共により自然な生態系に近づき、更に彼ららしいワインを造り上げてくれる事でしょう。期待が高まる若手4人組です。

    土壌及び葡萄について

    土壌は花崗岩、粘土石灰、石灰、砂質土など幅広い種類から構成されます。葡萄の樹齢や種類においても同様に、若木から60年までの古木、ピノグリ、ノワール、ブラン、ゲヴェルツトラミネ−ル、ミュスカ、リースリング、オーセロワなど豊富な種類を扱います。

    醸造について

    アルザス特有のフードル他、コンクリート、ステンレス、樽など様々な形でワインを熟成させます。キュヴェにより2021年ヴィンテージまでプレス時に亜硫酸を少量添加していましたが、現時点(2023年)での最新ヴィンテージ2022年は全てプレス時の亜硫酸添加を止め、サンスフルで醸造しています。

    (インポーター資料より)

bottom of page