France / Alsace

Lucie Colombain ルーシーコロンバン (ブリューノ・シュレール・エ・フィス)

Chardonnay 2019 シャルドネ

白 750ml

 

2018年ヴィンテージの中で最もファンキーなワインでしたが、シャルドネ2019をリリースします!

揮発酸や残糖など、ファンキー要素を搭載しつつも、15%近くあるアルコール度数の下支えもあり、ワインとしての成長度(大人になった感)としては、2018よりも現段階で上を行っているという印象が。そして、仮にブラインドで飲んだとしても、誰しもが“めっちゃ完熟したシャルドネだ!”と言い当てられそうなくらいの、濃密な香りを備えています。

 

(インポーター資料より)

Lucie Colombain / Chardonnay 2019

¥5,390価格
消費税込み
  • ルーシー コロンバンは、ブルーノの幼馴染でもあるエリック コロンバンの叔母さんの名前で、ルーシーは1980年代まで彼女の名前を冠したワイナリーを経営していた。コロンバン家の誰も継ぐ意思がなかったということもあり、ワイナリーは廃業、彼らが所有する畑は貸しに出されていたが、2017年の契約が切 れるタイミングでブルーノが手を挙げる。コロンバン家が所有する畑の中には、プェルシックベルグのゲヴュルツトラミネール、アイヒベルグのピノ グリ、シャン デ ゾワゾーのリースリングなど、ブルーノ的には垂涎の的なものがあり...。恐らくですが、近所からのやっかみには既に事欠かなかったブルーノ(笑)、そん な良い条件の畑を独り占めして更にやっかまれるのも嫌だったという事情と、コロンバン家に対する敬意を融合させるべく、エリックとエリックの兄弟と一緒に、ルーシー コロンバンという名の会社を立ち上げる。そしてエリックは、ルーシー コロンバンの役員であるのと同時に、ジェラール シュレールの従業員とな り、シュレール家とコロンバン家の畑での作業に従事、カガミケンジローが抜けた穴をなかなか埋められずにいたブルーノ的にも大助かりで、彼自身セラーでの仕事に集中できるように。(インポーター資料より)