top of page

France / Alsace)

Maison Moritz Prado メゾン・モリッツ・プラド

·Nous Sommes Libres Pet Nat 2022

品種 ピノ・ブラン30%、ピノ・グリ30%、リースリング25%、ゲヴェルツトラミネール15%

微発泡 750ml

 

2022年は春から夏にかけてとても暑く乾燥していた年。

しかし8月中旬から下旬にかけて十分に雨が降ったことで、成長が止まっていた葡萄が収穫時期に向けてしっかりと熟しました。

9月10日から収穫を開始しましたが、その後大雨の影響で一旦収穫を止め、9月19日に収穫を再開しました。スムーズに発酵が進むために、注意深く見て素早く対応する事が大切だったヴィンテージです。

 

ゲヴェルツトラミネールは全房で7日間のマセラシオン。

その他の葡萄はダイレクトプレスして6ヶ月間ステンレスタンクで発酵と熟成。冷凍しておいたゲヴェルツトラミネールのフリーランジュースを加えて二次発酵。ノンデゴルジュマン。品名はペットナットですが二次発酵させています。

 

ガス圧はやや高めですのでよく冷やして頂き、ボトルを斜めにしてガスの様子を伺いながらゆっくりと抜栓してください。すぐに1杯目をグラスに注げるようにグラスを近くにご用意頂くことをお勧め致します。

 

薄濁りのややオレンジがかった濃い黄色。

りんごやカリンのコンフィチュール、熟した黄プラムやアプリコット、ミラベル、凝縮感のあるりんご果汁を想わせる充実感のある果実香に、黄柑橘ピールの爽やかな印象、カモミールティーやドライハーブのニュアンスがほどよく深みを与えています。弾むような微細なガスとキレのあるシャープな酸を伴い、熟した黄プラムやりんごの蜜など甘酸っぱい果実の風味が溌剌と口中に膨らみます。温度が上がっていくに従い、桃やプラムの香り豊かな果実味や甘やかな風味が増していき、フルーティーな印象が際立ちます。

(インポーター資料より)

Maison Moritz Prado / Nous Sommes Libres Pet Nat 2022

¥4,730価格
消費税込み
在庫残り1点
  • Maison Moritz Pradoは2018年からアルベという人口約500人の小さな村でワイン造りをしています。

    フランス人の夫のギラン・モリッツは過去にポルトガルのDomaine Conceitoで収穫作業、ブルゴーニュのDomaine Devillardに5年間勤務後、ルーマニアのDomaine Avincisで7年間総合責任者を務めるなど、豊富な経験を持ちます。コロンビア人の妻のアンジェラ・プラドは金融の修士号を持ち、当初は金融の世界でキャリアスタートを切りましたが、ギランとの出会い機にルーマニアに移り、ギランと共にドメーヌでワイン造りの経験を積みました。その後二人は独立を決意し、フランス国内でブルゴーニュ、ボルドー、ロワールなど畑を探し回りましたが、近年気候が及ぼす大きな影響やワインの好みなどを考慮し、総合的に過小評価されていたアルザスを選びました。

    その中でもアルベは非常に小さいアペラシオンに関わらず、すり鉢状の内側に位置する畑の標高は約350m〜500mで冷涼な気候で、土壌の性質は主にシストというワインに冷涼感が出やすい環境です。ぶどうの生育が平地と比べて約2週間ほど遅く、開花時期の霜の影響が比較的低く毎年安定した収穫が出来る傾向にあるところも大きな魅力です。

    強い冷涼感のあるワインを好む二人は、特に近年の地球温暖化に対応できているこの理想的な条件から、自身が納得のいくワインを造る事ができるこの土地のポテンシャルに魅了されドメーヌ設立に至りました。彼らのワインには、常にとても笑顔でエネルギッシュな二人の明るい面と、非常に真面目な部分の両方が写し出されているように感じます。自然に対して大きなリスペクトを払う彼らは、フランス全体のヴィンテージ毎の特徴というよりは、アルベ単体のその年とテロワールの特徴を最大限表すようにワインを造ります。今後の将来にも更に期待が高まる生産者です。

    畑及び栽培

    アルベには約60〜70haの畑があり、内2/3がシスト(ミルフィーユ状及び石のような高密度形状)、残り1/3が花崗岩やマルヌカルケール、砂など。モリッツ・プラドは4.85haの畑を所有し、100%シスト土壌。AOCの中でも一番標高の高い450m付近に大部分の区画を持ちます。すり鉢状という特性上、一度雲がこのエリアに入ると滞留しやすく、通念雨量を確保しやすい傾向にあります。例えば、フランスが特に干ばつの問題を抱えた2022年夏は、8月半ばに1週間で7mmのみの雨量に対して、この山の中では6倍強の45mmの雨が降るなど。畑は2018年に引き継いだ後すぐにビオに転換され、2020年以降ビオディナミ農法でぶどう栽培を行っています。

    土壌に関して、根の密度と保水性のバランスを最大限保つために葉は1列毎のみ切り、もう片方は軽量な機械でロールのみを行い、耕す部分はぶどうの木の根元のみです。作業が比較的容易な区画では馬も使用します。

    醸造

    ステンレスと樽、ジャーの3種類の熟成タンクを使用し、キュヴェによってはこの3つ全てをアッサンブラージュします。キュヴェ毎の特徴はそのヴィンテージとぶどうの熟し具合に合わせた醸造及び熟成を行い表現されます。泡に関しては初ヴィンテージから36ヶ月間瓶内澱接触のミレジメを試み、とても良い仕上がりになっています。ペットナットに関しても一度辛口ワインを造り、収穫後のプレス時に一部凍らせたジュースを使い瓶内二次発酵させるなど、畑と同様に醸造でも手間を惜しまず作業します。

    (インポーター資料より)

bottom of page