France / Loire

Marc Pesnot マルクペノ

·La Desiree 2019 ラ デジレ

品種 ムロン ド ブルゴーニュ

750ml 白

 

キュヴェ名の由来はドメーヌが本拠地を構えている地名から。樹齢の高いムロン ド ブルゴーニュから造られるマルク ペノのトップキュヴェ。甘さを感じる程の溢れるアロマと爽快さを感じるハーブのニュアンスが特徴です。明るい麦藁色でクリアな外観で、抜栓直後から白い花系の可憐な香りに加え、アプリコットやフレッシュなグレープフルーツ様な柑橘系のアロマが感じられます。スワリングしていくとトロピカルフルーツの様な、熟れて凝縮したフルーツのニュアンスやエキゾチックな香りに加え、タイムやセージなどのフレッシュハーブのニュアンスがグラスから溢れ出てきます。


味わいは、暑かった2019年らしく全体の味わいも非常に凝縮しており、集中力のある味わいになっていますが、2018VTと違い、ビシッと根を張るように酸とミネラルが鎮座しています。非常にバランスと味わいの深みが圧倒的で、ふくよかな果実と引き締まったボディが口福を与えてくれます。余韻も非常に長く続きますが、アフターのちょっとしたビターなニュアンスがアクセントになり、全体を引き締めてくれています。


パワーと果実で押し切るVTだった2018と違い、果実、酸、ミネラルのバランスが完璧に整った圧倒されるクオリティの2019VT。近年の最高傑作とも言える出来映えです!


なお、2日目以降は若干果実味が下がり、ミュスカデらしく引き締まったタイトなワインに変化しますが、全体的なバランスは良好で不安定になることはなく、安心して飲み進める事ができます。(インポーター資料より)

Marc Pesnot / La Desiree 2019

¥3,850価格
消費税込み
  • 採算度外視でワイン造りにあたるという、あまりの情熱のため、2007年12月に財務上の理由からドメーヌの運営継続が困難になったマルク ペノ。日本にもファンの多いマルク ペノのワインをこのまま失ってしまうのは、あまりにも残念でならないと考えた当社と現地フランスのパートナー、エノコネクション社は、マルクの所有するワイナリー「ドメーヌ ド ラ セネシャリエール」の経営を引き継ぐことを決め、2008年8月には全ての登録・認可を終了し、正式に再スタートを切ることとなりました。
    懸案だった問題も解決し、マルク ペノ氏は、よりいっそうの情熱をもってブドウの栽培やワイン造りにあたっています。

    現在ドメーヌでは15ha以上の畑を管理しており、その栽培と醸造をマルク ペノ氏が担っています。収穫の際には全て手摘みによって行い、痛んだ果実を排除して腐敗果の混入を防ぎます。この地域では考えられない程、収穫量は低く抑えられており、結果として他には見られないような果実味が溢れたムロン ド ブルゴーニュやグロプランとなります。なお酸化防止剤となる亜硫酸の添加は、瓶詰めの際に極少量にとどめています。またマルクはコルクの品質にも細心の注意を払い、複数の生産者と共同でコルクを購入し、そのコルクをロットごとに化学的な検査に出しています。その検査結果をみてブショネのリスクが少ないもののみを使用しています。