France / Loire

Marc Pesnot マルク・ペノ

·VdF La Desiree Micashiste 2020 / VdF ラ デジレ ミカシスト

品種 ミュスカデ(ムロン ド ブルゴーニュ)

白 750ml

 

ラ デジレはムロン ド ブルゴーニュという品種の個性を最大限に引き出す為、マルク独自の醸造方法 ニュイタージュ式の時間を掛けたプレス、最低6ヶ月以上のシュール リーと熟成、区画の土壌特性を活かすという3つの組み合わせを行うトップ キュヴェ。今までは各区画をブレンドしてリリースされていましたが、最もテロワールが表現されたキュヴェであるべきという信念の下、2020年から土壌の個性別に瓶詰めされ、リリースする事になりました。
ミカシストとは、マイカ、緑泥石、タルクなどのシート状鉱物 (フィロケイ酸塩)を主成分とし、それらがミルフィーユのように薄く折り重なった変成岩の事。石の中にシスト状のミカという石英や長石、角閃石や緑柱石などの鉱物の結晶が入っています。樹齢50年以上のムロン ド ブルゴーニュを使用し、キュヴェ名の由来はドメーヌが本拠地を構えている地名から。セネシャリエールの伝統的な土壌で、アンフィボリットよりミネラル、塩味が強く、パワフル。ヨード感がタップリ感じられ、ふくよかでリッチなミネラル感が特徴です。

明るく淡いシャンパン ゴールドでクリアな外観。香りは繊細で深みがあり、白い花系の可憐な香りに加え、洋梨やフレッシュなパイナップル、ピンク グレープフルーツ、スモークしたバターの様な複雑な香りが沸き立ちます。
味わいは、白系果実の優しいフルーティーさが前面に出つつ、非常にエレガント。繊細でありながらも深みがあり、丸く柔らかい撫でるような質感はムロン ド ブルゴーニュの底力を感じられます。全体的にエネルギーの感じられる液体ですが、若干感じられるプチプチとしたガスによってリフレッシュされ、爽快感が増していきます。余韻は非常に長く滑らかで、調和が取れており、このワインの完成度を改めて感じられます。
香りと味わいを楽しむ為、あまり温度を低くせず、10~11度程度にして飲む事をおすすめします。

(インポーター資料より)

Marc Pesnot / La Desiree Micashiste 2020

¥3,960価格
消費税込み
  • 採算度外視でワイン造りにあたるという、溢れ過ぎる情熱のため、財務上の理由からドメーヌの運営継続が困難になったマルク ペノ。
    日本にもファンの多いマルク ペノのワインをこのまま失ってしまうのは、あまりにも残念でならないと考えた当社と現地フランスのパートナー、エノコネクション社は、ペノ氏の所有するワイナリー「ドメーヌ ド ラ セネシャリエール」の経営を引き継ぐことを決め、2008年8月に正式に再スタートを切ることとなりました。現在ドメーヌでは15ha以上の畑を管理しており、その栽培と醸造を重鎮であるマルク ペノ氏が担っています。2021年現在、既に70歳を超えていますが、ワイン造りにかける意欲は損なわれることはなく、品質向上のための改善を日々積み重ねています。

    収穫の際には全て手摘みによって行い、この地域としては異例なほど収穫量は低く抑えられており、結果として他には見られないような、果実味が溢れたムロン ド ブルゴーニュやグロ プランとなります。醸造に関しても、彼独自のワインを生み出しています。そのひとつが、香りの弱いムロン ド ブルゴーニュやフォル ブランシュを12時間かけてじっくりプレスすることによって果汁と果皮の長いマセレーションを行い、香りや旨味を引き出す手法を採用しています。いわゆるマセラシオン カルボニック法と同様のもので、ボジョレーのマルセル ラピエールの考えから着想を得たとの事。

    溢れる情熱で、ミュスカデを高いレベルに押し上げたマルク ペノ。今後もリーズナブルな価格で素晴らしいワインを造り出していく、正に職人的ワイン生産者のひとりです。

    (インポーター資料より)