top of page

France / Loire

Marie Rocher  マリー・ロッシェ

· VOILA L’ETE 2022

品種:ピノ・ノワール 75%、ドニス 30%

ロゼ 750ml

 

醸造:

ブドウは手摘みで収穫し、除梗せずにダイレクトプレス。品種毎別々に野生酵母でホウ ロウのタンクで自発的に発酵。ブドウ以外の醸造添加物は一切加えずに醸造する。その後、シ ュール・リーの状態で自発的なマロ発酵と熟成。瓶詰め前に 2 品種をブレントし、無清澄で瓶 詰め。SO2 は醸造中は無添加。ボトリング後のワインのネガティブな反応を避けるために、瓶詰 め前に必要最小限添加。

 

2022 ヴィンテージはトゥ-レーヌのビオの造り手ヴァンサン・ルクレールからの買いブドウで醸造。

 

収穫はピノ・ノワールが 9/5~6。ドニスが 9/13。2023 年 7 月 24 日に瓶詰め。総生産量 4,280 本。アルコール度数は 13 度。2023 年 8 月時点の SO2 トータルは 40mg/l。

 

 

~マリー・ロッシェ自身によるコメント~

『このキュヴェの名前を選んだのは、ロック・バンドのレ・ネグレス・ヴェルトによる夏への賛歌である 曲のタイトルだからです。音楽、太陽、晴れた青い空を感じさせるとても陽気で軽やかな歌です。 このキュヴェを造る前から、ワインにふさわしい名前だと思っていました。そして、2021 年にロゼの キュヴェを造ろうと思い立った時に、ロゼが夏を象徴するワインであることから、この名前がふさわ しいと思ったのです。このキュヴェの名前にちなみ、エチケットには、フランスの詩人アルチュール・ラ ンボーが夏に経験した感情を表現した詩「ソンサション=感覚」からの抜粋が記載しました。』

 

VOILA L’ETE ヴォワラ・レテとは、フランス語で『夏だ。』、『夏です。』といった意味。1980 年代後 半から 90 年代初めにかけて活躍したフランスのロック・バンド Les Négresses Vertes レ・ネグレ ス・ヴェルトの曲のタイトルでもあります。

(インポーター資料より)

Marie Rocher / VOILA L’ETE 2022

¥4,290価格
消費税込み
在庫残り3点
  • ■ノエラ、サイヤールと同じクロ・ロッシュ・ブランシュのセラーから誕生

    ロワールの数多くの造り手に大きな影響を与えてきたクロ・ロッシュ・ブランシュ。その畑を 引き継いで、ボワ・ルカ、ノエラ・モランタン、ローラン・サイヤール、ジュリアン・ピノーなどのドメー ヌが誕生しました。また、当初ノエラとサイヤールはクロ・ロッシュ・ブランシュの醸造所を借り ていました。そしてまた一人、ディディエ・バルイエとカトリーヌ・ルッソルの手助けを受けて、ク ロ・ロッシュ・ブランシュの醸造所でナチュラルワイン造りを始めた女性がいます。2018 ヴィンテ ージがデビューとなるパリ生まれのニューフェイス、マリー・ロシェです。

    ■初ヴィンテージからパリや欧米で大ブレイク

    マリーは高校卒業後、マルセル・ラピエールで 5 年間ブドウ収穫を経験。その後は別の分 野で働いていましたが、ナチュラルワイン造りに惹かれロワールに移住。レ・カプリアード、エル ヴェ・ヴイルマード、ミカエル・ブージュ、ブリュノ・アリオンでの研鑽を経て、ミクロネゴスを立ち 上げました。ワインをアール・ド・ラ・ターブル(食卓の芸術)と考えるマリーのワインは、味わ いだけでなくプレゼンテーションもポエジー(詩情)に溢れています。このため初 VT からパリ や欧米で大ブレイク。1 年待ってやっと昨年から日本への輸入を始めることができました。

     

    ■マリー・ロシェについて

    2014 ヴィンテージを最後に長い歴史に幕を下ろしたクロ・ロッシュ・ブランシュは、数多くのナチュラルワインの造り手に大きな影響を与えてきました。また、クロ・ロッシュ・ブランシュの畑を引き継いで、ボワ・ルカ、ノエラ・モランタン、ローラン・サイヤール、ジュリアン・ピノーなどのドメーヌが次々と誕生していきました。そのクロ・ロッシュ・ブランシュの醸造所を借りて、2018 年にナチュラルワインのミクロネゴスを立ち上 げた女性がいます。パリから移住してきた Marie Rocher マリー・ロシェです。

    1978 年にパリで生まれたマリーは、16 歳の時にヴァランスの三ッ星レストラン『ピック』に両 親と食事に行ってワインを試飲し、そこでワインに魅了されました。高校卒業後は、父の友 人であったマルセル・ラピエールでのブドウ収穫に参加します。美しい秋の空と太陽の下、フ ランスや世界中から集まった様々な人達と寝食を共に過ごした 1 ヶ月は、マリーにとって今も 忘れることができない幸せな思い出となっています。その後、マリーは 5 年間、毎年マルセル でのブドウ収穫に参加しました。2 年目からは収穫の責任者も任されていました。

    その時から、ワインはマリーにとって料理と同じ Art de Vivre アール・ド・ヴィーヴル(暮らし の芸術=人生をより良く暮らすためのライフスタイル)となったのです。このラピエールでの経 験からマリーはナチュラルワインを味わうことが自然な習慣となり、90 年台後半から 2000 年 にかけてパリでナチュラルワインを提供する店が増えてきた時期に、La Regarade ラ・レガラ ード、Camdebordeカムドボルド、ThierryBretonティエリー・ブルトン、 LeBaratinル・バラ タン、Le Verre Volé. ル・ヴェール・ヴォレといった店に頻繁に通うようになりました。大学で 地理学と都市計画を学んだマリーは、その後、フランス国外内の同分野の会社で 10 年近 く働いていました。

    2010 年も近くなった頃、マリーは自分の情熱のままに生きたいと考えるようになり、父と共 に仕事をするようになりました。マリーの父ジャン・ポールは書籍の編集者で、マルセル・ラピ エールと親交が深く、ジュール・ショーヴェのテイスティングの本などを出版していました。その 関係で、マリーはフランス各地で行われる Les Vins du Coin や ViniCircus や La Beaujoloise といったナチュラルワインと本のサロンに参加するようになったのです。そこで数 多くのナチュラウワインを味わって味覚を鍛えていきました。

    また、並行して天然酵母によるパン作りも学びました。パン作り好きで知られる、ジュラの ピエール・オヴェルノワとは家族ぐるみの友人で、マリーがオヴェルノワの家の近くのブーランジ ェール(パン職人)の下に滞在していた時には、オヴェルノワと一緒にいくつかのパンを焼い たそうです。

    2015 年 9 月からはロワールのレ・カプリアード、エルヴェ・ヴイルマード、ミカエル・ブージュで 醸造を経験。翌年にはパリからロワールに移住して、アンボワーズのビオロジックワインの学 校に入学。並行して、ブリュノ・アリオンのドメーヌで栽培と醸造を学びました。そして、2018 年、クロ・ロッシュ・ブランシュの元醸造所を借りて、ミクロネゴスを立ち上げたのです。2020 年 7 月に隣村の Pouillé プイエに醸造所を移しましたが、クロ・ロッシュ・ブランシュのディディ エ・バルイエとカトリーヌ・ルッソルは今も醸造面でマリーの手助けをしてくれています。(インポーター資料より)

     

bottom of page