France / Languedoc

Mataburro

·Muramura 2019

品種 メルロ主体、グルナッシュ、 ミュスカ・プティ・グラン、ミュスカ・アレクサンドリア

750ml 赤

 

2日間果皮と共にマセラシオン

 

濃いめのルビー色、 ストロベリー、ザクロ、ラズベリーにマスカットが混じったアロマと風味 淡くアロマティックで華やかな液体!(インポーター資料より)

 

まだ少し不安定です。

しばらく寝かせてからがおすすめです。

 

 

Mataburro / Muramura2019

¥4,400価格
消費税込み
  • 《宙に浮かぶ味わい!》
    パリのヴェール·ヴォレで活躍していたロラン
    南仏リヴザルトの地に祖父が1949年に植えた3haのグルナッシュの畑
    その畑を受け継ぎワイン造りと家族との生活をスタート
    土壌は主に粘土石灰質、樹齢の高いグルナッシュの畑にはシャトーヌフのような丸石(Galets roulés)が、メルロの区画には深い粘土層がある 地中海性気候、海の存在、影響を感じるルシオンの地にて不耕起、緑肥、有機栽培、畑のトリートメントは硫黄、銅、エッセンシャルオイルのみ 天然酵母で醸造、無清澄、無濾過、など先人達がチャレンジしてきたナチュラルワインの道を踏襲しつつも独自のセンスで魅惑的なバランスのワインを創り出している! すでに醸造のセンスも光るロラン、これからどんなワインを創り出すか楽しみな造り手です!!

    ロランの言葉 全体的にマタブロのワインは実験的なところがある。自分は軽やかでフレッシュなワインを求めていて、それを毎回進化させようとチャレンジしている。自分たちが従っている決められたガイドラインや醸 造方法もないわけで、そんなことには全くとらわれていない。どんなワインに仕上がるかということに集中している。 畑に入り、葡萄を味わうと、毎年味わいが違っている。毎年気候が違うように。だから感覚と直感で全てを決めてゆくんだ!(インポーター資料より)