France / Rhone

Romain Le Bars

·Tavel 2019

品種 グルナッシュ、シラー

750ml ロゼ

 

樹齢 20 年、粘土石灰土壌。 一部はグラップ・アンティエールのぶどうをマセラシオン・ カルボニック(ダイレクト・プレスの一部は軽くデブルバー ジュを実施)全ての品種をタンクで混醸造。 ブルゴーニュスタイルの木製樽(228L)で 7 ヶ月の熟成。 SO2 添加ゼロ

 

ロマンにとって最初のワインとなるタヴェル。
デビュー直後からフランスでも瞬く間に評判となった代表作!
2019年は日差しが強くとても暑かった年。
パワフルでリッチだが、のびやかな酸味がバランスをとり、
綺麗に整っている。
赤系果実、特にフランボワーズの香りが際立つロゼ。
(インポーター資料より)

Romain Le Bars / Tavel 2019

¥5,280価格

  • エリック・ピュフェルリング(ラングロール)のエスプリを継承するのは
    息子のチボーとジョリスだけではない。
    ヴァランタン・ヴァルス、アドヴィヌムのセバスチャン・シャティオン、
    そして独立を果たしたフェルム・デュ・カードのダヴィド・テシエ。

    そんな中、新たに超ド級の新人がすい星のごとく現れた!
    その名が"ロマン・ル・バール"!


    レストランを経営していた父の影響で、
    幼いころから自然派ワインに慣れ親しんでいたロマン。

    ソミュールのワイン学校で学んだあと、ラングロールのもので7年間修業。
    その後、タヴェルに1.2haの畑を取得。2018年に独立。
    自身のセラーでエリックの元で習ったことを実践している。
    2020年現在、畑は12haに。
    自分の仕事を通じて、よりフレッシュでモダンな新しいリラック造りが夢。
    (インポーター資料より)

​商品価格は税込