France / Rhone

Samuel Boulay サミュエル・ブーレ

Baltringue 2019 バルトリング

品種 メルロー

赤 750ml 


やや黒みがかった深いガーネット色。プルーンやレーズン、イチジクなどのドライフルーツの凝縮感のある果実香に、ダージリンなどの紅茶、ビターカカオなどの香りが加わります。滑らかで雑味がなく、軽やかに流れるような飲み心地で、ドライフルーツを彷彿とさせる甘やかな風味と充実感に、赤紫蘇のような爽やかなアクセントを感じます。

加えて、微細でシルキーなタンニンとビターカカオのニュアンスが甘やかな果実の風味に大人びた印象、紅茶のような馨しい香りが溶け込み上品な様子を感じさせます。ほどよく若々しい果実の風味が伺え、熟成由来のコクや奥深い果実味が混ざり合い、ベリーソース入りのビターチョコレートを想わせます。

愛嬌と落ち着いた印象の両面を感じられるミディアムスタイルの味わいです。

(インポーター資料より)

Samuel Boulay / Baltringue 2019

¥7,150価格
消費税込み
  • 研修生として2000年にミッシェル・オジェに弟子入り、2006年からはスタッフとして雇用され12年まで、自らもワインを造りながら働いた経歴の持ち主。

    ジル・アゾーニ氏が畑を売りに出したためこれを購入、5haを得てミッシェル・オジェを退職してアルデッシュで再びワイン造りを開始。

    2015年が初ヴィンテージとなります。

    ●畑仕事について
    現在のところ、引き継いだ畑のうち1haはブドウが植わっておらず、更にいくつもの樹を抜いて土地を休ませながら、畑のコンディションを徐々に整える方針。

    今後は不耕起栽培を行う。アゾーニ氏が耕作していたため、それを突然止めることにより生じる問題を懸念して15年は2畝ごとに耕やしたが、16年からは全て止めている。

    単位収穫量についてはロワール時代で8〜10hl/haだったので、ここアルデッシュでも同じくらい収穫できれば十分だと考えている。

    土地の面積に対して植わっているブドウが少ないことについて、そういった状況を恥じる生産者は多いが、本人は反対にとても誇りに思っている。

    ●醸造について
    自分の仕事は畑の中でほぼ終わっている。
    つまり、収穫したブドウを圧搾すること、必要に応じてピジャージュやルモンタージュをすることくらい。
    基本的には何もしないで、微生物の活動を見守るだけと考えている。

    (インポーター資料より)