top of page

Italy / Piemonte

San Fereolo

· San Fereolo 2016

品種 ドルチェット

750ml 赤

 

樹齢50~70年。選抜されていない様々なドルチェットのクローンが残 る、ピエディ フランコ(自根)の畑を含む。完熟した果実、開放式の大樽にて40日、 果帽を沈めた状態で醗酵。圧搾後大樽にて約2年間の熟成。ボトル詰め後約5年以 上。徹底的な時間を費やしリリースされる、唯一無二のドルチェット。

2016 は天候に恵まれ、安定した緩やかな気候、果実と酸のバランスが良く、非常 に美しい香りと、繊細で複雑さを感じる果実。タンニンは丸く熟成を感じ、全体を引き 締める酸。長期熟成のポテンシャルを持ったヴィンテージ。

 

ニコレッタの考える、ドルチェットの最大表現ともいえるワイン。2015 が完売いたしましたので、昨年リリースとなる 2016 をご紹介させていただきます。 ドルチェットというブドウの本質を表現するために、彼女がたどり着いたのは伝統的なバローロの造り手達。

果皮との接触を長くとり、開放式の大樽で長期間 の浸漬醗酵。タンニンが少ないといわれるドルチェットですが、このブドウのタンニンは果皮ではなく種子にある、そして種子から上質なタンニンを抽出する には、種子の完熟を待ってから収穫を行わなくてはいけない。樹上で限界まで完熟したドルチェットのみを選別し、果皮とともに長期間の醗酵。6 年以上 の歳月をかけて世に出される、まさに唯一無二のドルチェット。

2016 は天候に恵まれ、非常に完熟したブドウが収穫できたと話すニコレッタ。安定した緩やかな気候、収穫まで十分に時間を取ることができた年。果 実と酸のバランスが良く、長期熟成のポテンシャルを持ったヴィンテージ。非常に美しい香りと、繊細でいて複雑さを持ち合わせた果実。タンニンは丸く長 い熟成期間のおかげで非常に丸みを帯びているものの、豊満なだけでなく全体を引き締める酸が特徴的なヴィンテージ。

近年、ワインの進化が著しいサン フェレオーロ。単に「熟成期間が長い」と理由だけでなく、熟成によって生まれる複雑さや香りの幅、ワイン自体のサイズが大きくなっていると感じて おります。2016 は収穫にも恵まれたヴィンテージ、これが本当にドルチェットなのか?疑ってしまうくらいの存在感と素晴らしい熟成香を感じます。バルベーラやネッビオーロでは決し て味わえない一体感。柔らかみを前面に感じる、質感心地よいドルチェット。やはり、サンフェレオーロのドルチェットは、他のどのドルチェットにも代えがたい存在です。

(インポーター資料より)

San Fereolo / San Fereolo 2016

¥6,160価格
消費税込み
在庫残り2点
  • ドルチェットにこれほど愛情と情熱を注いだ造り手は、サン フェレオーロをおいて他に存在しないでしょう

    ドリアーニの北側に位置するサンフェレオーロの畑。大きく分けて標高の高いサンフェレオーロ(500m)、少し低い位置にあるアウストリ(400-420m)、どちらも400mを越える高地であり、砂質やシルト質の多いドリアーニらしさを持っている。これ が「ネッビオーロではなく、ドルチェット」といわれる所以。また畑は、モンフォルテ ダルバにも近く、部分的にモンフォルテのような強い石灰質も併せ持つ。ニコレッタにとって、畑との関わりは当然の如く自然環境を重視したもの。ビオディナミの 栽培方法を徹底し、農薬や化学肥料はもちろん、銅や硫黄についても極力使用しない栽培を徹底している。また、サンフェレオーロの樹齢は50年を越えるものばかり。この樹齢の古いドルチェットは、現在のように量産化、画一化されたクロー ンではなく、古くよりドリアーニに残るクローン(セレクションマッサールによるもの)も多く残る。また収穫においても徹底しており、完熟とは果皮でも果実の糖度でもない。果実本来の役割ともいえる「種子の熟成」。よって収穫を決めるのは種子が 完熟するかどうか。結果、収穫時期は遅くなり、樹上にて果実はしぼみ、脱水まで始まるほどの熟度に達したドルチェットの光景は、錚々たるものである。 醸造においては、ピエモンテの伝統とも呼べるクラシックかつ、時間を費やした醸造方法を徹底している。開放式の大樽にて長期間のマセレーション(果皮浸漬)、当然のことながら酵母添加や温度管理を行わず、大樽にて2年以上の熟成。 そして、彼女のこだわりともいえる長期間のビン熟成。現在収穫から7年のというサイクルでリリースされるサンフェレオーロのドリアーニ「San Fereolo」。高次元まで凝縮した果実と、種子からゆっくり抽出されたタンニン。完成するまでに相応の年 月が必要であることを、誰よりも考えている。こうして生まれる圧倒的な存在感を持ったドルチェット。当然ながら収穫量は恐ろしく少ない。現在8haの畑からわずか15000~20000本しか造られない。凄まじい果実の凝縮でありながら、驚くほ どの繊細な香り。決して強く感じないタンニンと酸であるが、ワインを支えるに十分なバランス。これほどの質感をもったドルチェットは他に存在しない。同様にバルベーラ、ネッビオーロにおいても徹底したこだわりを持ちながらも、持ち前の好奇 心とインスピレーションにより生み出される白やロゼなど、情熱と魅力を持ち合わせる素晴らしい造り手の一人。

bottom of page