France / Cahors(Sud-Ouest)

Simon Busser

Printemps 2020 プランタン

品種 マルベック/メルロー/タナ

750ml 赤

 

2020/1月に訪れたカオールのSimon Busser。

みんなで鹿を解体しながら豪快に焼いて、Simonのワインを。

馬や愛犬と共に暮らす、優しい彼の性格が 溶け込んだような

カオールらしさもありつつ、ピュアで飲み心地の良いワイン。

 

下記、インポーター資料より。

 

粘土珪質土壌の樹齢約30年の葡萄。コンクリートタンクで1ヶ月間のマセラシオン。その後コンクリートタンクと600Lの樽で12ヶ月熟成。
中赤紫の色合い。ブルーベリーやカシスのドライフルーツのように凝縮感のある様子と新鮮な熟したブラックベリーが混ざり合う黒系果実の香りに、紅茶や花々のような華やかな香りが加わります。紫がかった色合いや香りからは若々しいイメージを抱きますが、口中に広がる風味は単に若さ溢れる印象ではなく、角が取れ、どこか温かみがあり浮ついた様子がありません。

滑らかな質感で伸びやかな酸が感じられる軽やかな飲み心地、一口含む度に春の訪れを想わせる弾むような溌剌とした印象が伝わり、酸や甘み、風味など三拍子揃った絶妙なバランスで流れ込みます。カオールらしい充実感のある葡萄の風味の中にビターカカオや紅茶の高貴な風味が溶け込み、雑味のない緻密な果実味に品や落ち着い
た雰囲気を与え、花々が咲き誇るような華やかさをまとうミディアムな仕上がりです。

Simon Busser / Printemps 2020

¥3,025価格
消費税込み
  • オーナーであるシモン・ビュセーの父親は、既にビオロジック栽培をしていましたが、醸造設備を持たなかったため、収穫したぶどうは協同組合に販売していました。父が所有し賃貸するぶどう畑の内、一番古い樹齢(1970年)の一部3haのぶどう畑を引き継いで2007年よりワイン造りを開始。
    2007年の醸造は、近所でワイン造りをする知り合いの醸造設備を借りて仕込みました。
    それまでワイン作りを手伝ったことはあっても、醸造学校に行ったこともなく、ワイナリーで働いたこともないシモンにとっては、試験的な仕込みであり、どちらかというとちょっとした興味程度のことでした。知り合いである“近所のおじさん”のワイン作りを真似て作った初ビンテージは、SO2をあまり使わなかったという(SO2含有量は80mg/L)。今風のテクニックを駆使しないことが幸いしたのでしょう。その結果、ワイン作りとは、原料であるぶどう栽培と発酵という工程が必要な、奥が深く複雑で、内容の濃い点に興味がわいてワイナリーになる決心をしました。

    夢は地中海の大平原「カマルグ」で乗馬をして暮らしたい、というほど馬が大好きなシモンは、どうせ農業をするのなら馬で耕そうと考えます。友人を通して、馬でぶどう栽培をする蔵元として有名なロワールのオリヴィエ・クザンに出会い、手綱さばきの研修を受け、今ではボルドー液などの農薬散布以外は全て馬を使って栽培をするようになりました。「馬は、大地と私の大切な友達。」とシモンは言います。

    【栽培・醸造】

    そんな彼ゆえ、父から譲り受けたぶどう畑は当然ビオロジック栽培。現在では5h