France / Loire

Xavier Marchais グザヴィエ マルシェ

·L'Elixir Mysterieux 2019 エリクシール ミステリュウ

品種 シュナンブラン

750ml 白

 

神秘的な霊薬」と名付けられたキュヴェ。ファイバータンクで全房のシェナン ブランを8ヶ月マセラシオンさせた後、古樽で熟成。その間、ウイヤージュせずに瓶詰めされた。酸化的ニュアンスを感じられるオレンジワイン。


抜栓直後から非常に凝縮した香り。一瞬、リキュールかブランデーか?と思わせるような凝縮感のある香りで、アンズや花梨、煮詰めた黄桃の香りに加え、徐々に蜂蜜のような濃厚な香りが鼻孔を覆います。若干、タイムやローリエの様なハーブのニュアンスも顔を覗かせ、複雑さが増していきます。


味わいは、集中力の有るシュナン ブランの良いところが凝縮された様な味わいで、フローラルさを持った果実感を楽しめます。また時間が経過するにつれ、べっこう飴や冷やし飴ドリンクの様なザラメを煮詰めたり、蜂蜜を加熱した時に感じるニュアンスも出てきます。香りで甘いニュアンスを感じつつも、味わいのフィニッシュは思いの外ドライで、キレの有る酸と若干の苦味が全体を締めてまとまりを与えています。


個性の塊と言って間違いないキュヴェで、グザヴィエの尖鋭的感性の全てが表現されたとも言える、素晴らしいワインです。(インポーター資料より)

Xavier Marchais / L'Elixir Mysterieux 2019

¥6,380価格
消費税込み
  • 7年働いたシステム エンジニアという安定した職を投げ捨てて、ワインの世界に身を投じたグザヴィエ マルシェ。自然に向き合い、その向き合った分だけ結果として返ってくる仕事をしたいと、2010年にパリを離れ、ロワールでヴィニュロンとしてのキャリアをスタートさせました。親がワイン生産者というわけではない彼が、ワイン造りを新たにスタートさせるというのは容易な挑戦ではありません。グザヴィエ マルシェも例に漏れず、貧しい中での挑戦となりました。
    オリヴィエ  クザンのもとで修行を始めたグザヴィエは、彼の人柄に惹かれ、自然環境を尊重した伝統的な手法でワインを造ることを決意します。オリヴィエ  クザンのワインは濃厚でエキス分の多いものではなく、軽やかで繊細かつエレガント。そうしたワインを造りたいと考えるようになったグザヴィエは、樹齢50年以上の古樹を5ha所有しており、特に粘土質土壌に植えられたシュナン ブランは極上のクオリティに仕上がります。

    畑での作業にはトラクターではなく馬を使い、収穫は手作業とあくまで伝統的手法を採用しています。醸造においても同様で、はじめにプレス機でブドウを搾り、その後足でプレス。不純物のないクリアなジュースを造り出します。こうして得られたジュースは、カベルネ フランにおいてはクリーンでエレガント、シュナン ブランは刃のような鋭さを持った集中したエッセンスを持っています。