top of page

France / Bourgogne

Domaine Derain

· Saint-Aubin Le ban 202

品種 ピノノワール

赤 750ml

 

オーク樽を使用し、7-15日発酵。1度だけルモンタージュ。20日間に渡り日に2度ピジャージュ。その後8ヶ月のシュールリー熟成。

 

以前ブドウの熟成度を測る基準として使われていた区画。この区画に生えているブドウの熟成度を観察して、町の収穫日を決めていました。

樹齢:86年  土壌:粘土石灰岩  除梗:80%

(インポーター資料より)

 

2021の方が22に比べると酸があり、クランベリーやチェリーのニュアンス。アタックの果実味の厚さにポテンシャルを感じる。

現時点で抜栓する場合は1日で飲み切るか、少し寝かせること推奨。

Domaine Derain / Saint-Aubin Le ban 2021

¥9,680価格
消費税込み
在庫残り2点
  • Julien ALTABER / ジュリアン・アルタベール

    ジュリアンは若き頃、ボーヌのワイン学校で勉強をしており、いくつかの醸造所で研修をした。

    しかし、ジュリアンはビオ栽培の研修をしたかったため、2002年、ドミニク・ドゥランの元へ訪れた。

    以後、ジュリアンはこのドメーヌに、ずっと居残っている。

     

    2007年に自分独自のドメーヌ(醸造会社)を設立。Domaine Sextantドメーヌ・セクスタンである。

    ジュリアンは自分のドメーヌをやりながらドミニク・ドゥラン醸造でも働いていた。

     

    そして2017年より、正式にドミニク・ドゥランが引退すると同時に、ドメーヌ・ドゥラン醸造の社長にも就任した。

    つまりジュリアンは、今、二つの醸造所のトップを務めている。

    (ドメーヌ・セクスタンはメゾン・セクスタンと名称を変更。有機栽培の葡萄を使用したネゴシアンワインとなります)

     

    一方ドミニク・ドゥランは現在も相談役としてワイン造りのサポートをする傍ら、

    新たにルーションのブルーノ・デュシェンが管理をしている「ヌフ・カーヴ」にて自身のワイン造りをスタート。

     

    ★ジュリアンの哲学★

    『私はブルゴーニュにいますが、グラン・ヴァンを造ろうとは思っていません。誠実、本物のワインを造ろうと努力しています。』

    ブルゴーニュは、有名になって、売れていくとお金が動く。お金が動いて人間性が歪んでいく人が多い地方である。

    そんな中に、いわゆる、農家としての栽培・醸造家に徹して、誠実にワインを造っている希少なブルギニョンである。

     

     

    ★ドミニク・ドゥランについて

    ブルゴーニュにおける、ビオディナミの先駆者。

    樽職人として仕事をした後、シャトー・ド・ピュリニー・モンラッシェの醸造長などを経て、1988年に自身のドメーヌを設立。

    自作のプレパラシオンの作成方法を若手生産者に教える等、先生的な存在でもあります。

    現在もドメーヌ・ドゥランの相談役としてワイン造りのサポート。

    新たにルーションのブルーノ・デュシェンが管理をしている「ヌフ・カーヴ」にて自身のワイン造りをスタートしました。

    (インポーター資料より)

bottom of page