top of page

Italy / Lazio

Le Coste レコステ

· Ripazzo Rosato 18/19

品種 プロカーニコ、マルヴァジーア中心

ロゼ 750ml

 

リトロッツォビアンコ18(プロカーニコ、マルヴァジーア中心)になる予定のタンクで醗酵が止まってしまったものを、そのまま保存。翌年の収穫後、リトロッツォロザート19のヴィナッチャを加え、短期間のマセレーション。ヴィナッチャに残っていた活発な酵母により再醗酵が終わるのを待つ。アレアーティコ由来の甘やかな香りと旨み、スムーズさ。

リトロッツォのスピンオフともいえるリパッツォ。リパッツォができるということは、うまく醗酵が進んでないということなので、あまり素直に喜べないのですが、、。原因は2018年、9月の大雨の影響もあって、リトロッツォビアンコになる予定のタンクで一部、醗酵が途中でストップしてしまいました。しかし、この数年こうしたトラブルにも柔軟に(時には強引に)対処してきたジャンマルコ。翌年まで保存し、2019年の醗酵を終えたヴィナッチャ(搾った果皮と種子)を再浸漬(リパッソ)することで、強制的に再醗酵を起こして無事醗酵を終えました!
ただ、毎年同じことをしないのがレ コステでありジャンマルコなので。今回はリパッソするヴィナッチャを変えたので、3種類になってしまいました。


ベースはすべてリトロッツォ ビアンコ18、ヴィナッチャはすべて2019のリトロッツォ。ジャンマルコ曰く「2019はリトロッツォのヴィナッチャでさえ、もったいないと思うほどに素晴らしく熟したブドウだったから」だそうです。ビアンコはベース18のやや高めな揮発酸を19の果実味が包み込み、何とも言えない旨みと飲み心地のよさを、、。ロザートはアレアーティコ由来の甘やかな香りと旨み、スムーズさを、、。そしてロッソは黒ブドウのタンニンも感じつつも、ベースのフレッシュさと相まって驚くほどの飲み心地を持っています。

 

(インポーター資料より)

Le Coste / Ripazzo Rosato 18/19

¥3,190価格
消費税込み
在庫残り2点
  • ジャンマルコ アントヌーツィ、彼ほど合理的かつ感性的な造り手に出会ったことはあっただろうか。ヴァレンティーニやシュレール、、、愛する造り手のワインを飲むうちに、自らワインを造りの道を選んだジャンマルコ。フランスのヴァンナ チュール生産者の元で働きながら学び、帰国後2004年より祖父の住むラツィオ北部、グラードリのブドウ畑より栽培、ワイン造りを開始した。なぜフランスで学んだか?それは「自分が最も好きなワインの造り手達がいたから」、奔放なよう で非常に真剣、強すぎる情熱はすべて畑に、カンティーナに向けられている。驚くほど多種類のワインもすべてがシンプルに表現し続けた結果、愉しみのあるワイン、そしてたくさんのメッセージが込められている。 カルデラ型の湖ラーゴ ディ ボルセーナの畔。周辺の土壌は火山礫、凝灰岩、顆粒状の石が積み重なり形成されている。砂質、火山性の堆積物、特に鉄分が多く、石灰質と共にブドウに特徴的なミネラルを与えている。標高は350m ~450mの間に位置し、祖父の畑や周囲の小さな放棄地を寄せ集めた2ha(樹齢が非常に高い)と、2004年に彼が手に入れた3haの土地「Le Coste」。その他、少しずつ土地を買い足し、現在は合計8ha。畑では農薬はもちろん、堆肥 なども一切使わない農法を徹底。畑ではブドウ樹だけを栽培するのではなく、自家消費用に野菜やオリーブ(一部は販売用にも生産)、果実を混植。単一的な環境ではない、より多様性のある畑、自然環境に近づける努力を惜しまな い。「Le Coste」の畑は植樹から仕立て、手入れまで、一切の妥協なく≪最高のブドウ≫を収穫することのみを考えた畑。まだ15年に満たない樹齢でありながら、高樹齢の畑以上の良質なブドウを付ける。樹齢が古いという事はもちろん 大切だが、健全に年を重ねてきたかも大切。樹すべてを把握し、樹勢から結実、果実の状態まですべてを見てワインを造る。彼の醸造はカンティーナではなく畑でもう始まっている。

    レ コステのフィロソフィともいえる、醸造からボトリングに至るまで、一切の薬品類、温度管理、清澄、ろ過を行わないワイン造り。細かく分かれた畑から収穫されるブドウはそれぞれ、果実の密度、味わいの構成、いわゆるテロワール(土地) のキャラクターが違う。その違いを最大限に表現して造るため、ベース的なワインを除き、Cruごとに造られている。ポテンシャルを秘めたブドウには最大限の追求(挑戦)を、また日常的なワインには毎日飲んでも飽きることのない心地よ さ、愉しみを持ったワインにと、多様な中にもはっきりと個性を秘めたワイン。そしてすべてに共通しているのは、「異常なほどの飲み心地」。自由さを持ちながらも、ゆるぎない覚悟を持ち、挑戦をし続ける最高の造り手。(インポーター資料より)

  • 今年もようやく到着しました、暑い夏に喉を潤す最高の飲み心地!

    「リトロッツォ」2022ヴィンテージ。今年も3色揃ってのリリースとなります!ジャンマルコ曰く、「土地やブドウを表現するものではなく、飲み心地を追求したワイン」。レ コ ステの畑のブドウを使うのではなく、周辺のブドウ栽培農家、特に有機・無農薬に取り組む若い栽培農家より、市場よりも 良い条件で引取ったブドウから造られています。「自分達だけが利益を得ていても、このヴィテルボの農業、食文化を 守り続ける事はできない、、。」ジャンマルコとクレメンティーヌの考えに、賛同してくれるブドウ栽培農家と協力し、ヴィテ ルボ全体に向けた活動の一端を担うようになったリトロッツォ。

    2022年は、2021と同様に暑く乾燥したヴィンテージ。ボルセナ湖の水面が1メートル以上下がったという、干ばつにも等しい気候だったと話す彼。そして、何とか猛暑の影響を凌い で収穫を目前に控えたある日、雹による被害を受けてしまいました。しかし、この年はそれだけでは終わらず、収穫期間中に暴風雨に見舞われるという事態に、、、。雨に降られる前に 終わらせようと、収穫の速度を大幅に上げたものの、すべて終わらせることはできなかったと聞きました。昨今の異常気象は、日本もイタリアも変わりません、、。以前では考えられなか った酷暑や集中豪雨が、当たり前のように起きる現在。しかしこうした気候であっても、畑での努力を惜しまず、ワインを造り続けてくれる事に心より感謝したいと思います!(インポーター資料より)

bottom of page